FC2ブログ
2008-05-23-Fri-20:26

株価弱く・・。欧州時間

こんばんは。

東京時間を小動き。
欧州勢の姿を見かけると動きだした!


 日本時間午後3時45分に4月の仏消費支出が▼0.8%(事前予想:0.5%、前月比:▼1.7%)と弱めの結果となったことを材料としてか、ユーロ/ドルは1.5725-30ドル付近から一時安値となる1.5695ドルをつけた。以降、小幅反発し1.57ドル台前半での揉み合いとなりだした。
 1.97ドル台後半で揉み合いとなっていたポンド/ドルは、日本時間午後5時30分に発表された第1四半期の英GDP改定値が0.4%と2005年以来の低い伸びとなったこともあり、一時安値となる1.9758ドルへ急落。



 欧州時間中盤なると、一段と円買い強まりだした。
ドル/円は103円台後半から103円47銭、
ユーロ/円は163円台前半から162円65銭、
ポンド/円は205円台前半から204円81銭とそれぞれ安値を更新した。




相変わらず株価が左右しているのかもしれない。



複数の米紙に米フォード・モーター社、2009年の黒字化は「非常に難しい」と発言。

ウォールストリート・ジャーナル紙のヘッドラインに、

・原油価格の低下を予測していた原油生産者及び投機筋が、ポジション解消のため原油先物買い戻しに動き、原油価格上昇に更なる圧力と。
・米住宅価格、2008年1─3月期は前期比1.7%下落、四半期ベースで最大の下げを記録。前年同期比では3.1%の下落。全米50州中、43の州で価格低下=米連邦住宅公社監督局(OFHEO)。
などの報道もあり、
 ダウ先物株価指数が前日の終値水準からマイナス圏に達し、下げ幅を拡大していることや欧州株もさえない動きとなっていることもあり、全般に円買い戻しが強まりだしたようだ




 日本時間午後11時に4月の米中古住宅販売件数(事前予想:485万件、前回:493万件)の経済指標の発表が予定されている。本日は経済指標の発表が少ないが、週末特有の動きに注意したい。
また、来週26日月曜日は米国がメモリアルデー、英国がバンクホリデーで休場ということも頭の隅においておきたい。
 引き続き市場の関心事は、NYK原油先物相場や米株式市場の動向だろう。



スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME