FC2ブログ
2008-05-21-Wed-22:18

思うようにならず・・。

こんばんは。



午後8時に米経済指標とカナダ経済指標がそれぞれ発表された。

今日も原油相場において、時間外で1バレル=130ドルを突破!!

連日の高値更新・。


時間をさかのぼること3時間前!

4月の本日の欧州時間朝方に発表されるドイツの5月IFO景況感指数だが、4月の結果は3月の104.8から低下となる102.4となった背景があり、警戒感が先行したのか発表前には、ユーロ/ドルは1.56ドル台後半から半ばへ、ユーロ/円は161円台後半から半ばへとそれぞれ下落した。


しかしながら、発表された5月のドイツIFO景況感指数の結果は103.5(事前予想:102.0、前回:102.4)と、事前予想を上回る強い数字を好感したと見られるユーロ買い加速!!

この動きは他の主要通貨に波及した模様。

ユーロドルは4月25日以来の高値となる一時1.5747ドルをつけ、ユーロ円は161円台後半から高値となる163円15銭をつけた。





日本時間午後8時に5/7までの米MBA住宅ローン申請指数

前回:2.9%

結果:▼7.8%



午後8時の上記米経済指標の結果。

ダウ先物株価指数がプラス圏から一転して下げ幅を拡大しだしたこともありリスク回避の動きが強まりだしたようだ。

ドル円は103円40銭付近から一時安値となる103円07銭をつけた。

ユーロドルは、1.57ドル台前半での一進一退の展開からさらに高値を更新し一時1.5773ドルをつけた。



一方、カナダドルは、下記の予想を上回る強い結果となった4月のCPIや原油相場が史上最高値を更新したことなどを背景にしたとみられるカナダドルが殺到したようだ。

対円では、104円台前半から一時高値となる105円15銭をつけ、対米ドルでは3月19日以来の0.9900ドル割れとなる0.98ドル台前半に達した。


カナダの4月の消費者物価指数(CPI)/前月比

事前予想:0.4%、前回:0.4%

結果:0.8%


CPI・コア/前月比

事前予想:0.2%、前回:0.2%

結果:0.3%




4月の消費者物価指数(CPI)/前年比

事前予想:1.4%、前回:1.4%

結果:1.7%



CPI・コア/前年比

事前予想:1.3%、前回:1.3%

結果:1.5%




引き続き市場のテーマは、米株価と原油相場の行方が鍵を握っているようだ・。

今夜も目が離せないと思う・・。


それにしても、原油高から派生し、購買力の低下、原材料の高騰など、
成長なきインフレ懸念か、そんな憶測が飛び交いだしているようだ・。


難しいですね・・。


スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME