2008-05-15-Thu-11:28

揺れる・・。

こんにちは。
ようやくお天道様が顔をのぞかし、暖かな日になりそうですね。

これで、たまっていた洗濯物を干せ、乾きそうです・。
ほっと・・。

昨日のニューヨーク市場の早朝に発表された4月の米消費者物価指数(CPI)の結果は前回・予想よりもやや弱い数字となり、発表直後ドル売りが強まった模様でしたが、市場参加者の大方の見方は、それほど先行きの米景気に対して悲観するのには十分な材料とならなかったようだ・。
米株価は、反発して引けた。


さて、日本時間の午前7時45分にニュージーランドの経済指標の発表があった。
3月の小売売上高指数:前月比
結果:▼1.2%

予想:▼0.4%、
前回:▼0.7%から修正、やや改善の▼0.6%へ

小売売上高指数・除く除自動車
結果:▼0.5%

事前予想:▼0.4%、
前回:0.2%から修正、やや悪化の0.1%へ


第1四半期の小売売上高指数
結果:▼1.2%

事前予想:▼0.3%、前回:0.3%


いずれも弱い結果となり、対米ドルで0.7510-20ドル付近から0.7450ドル挟みへ、対円でも7985-95銭付近から79円55銭へそれぞれ急落した。

その後も軟調地合いが続いている模様・。

ニュージーランド経済に対する減速懸念が、市場関係者の間で台頭し始めいているようだ。
中には、政策金利の引き下げ時期に言及する噂もあり、上値の重い展開になり始めているのかもしれない。

2006年の年明けから春にかけて、77円80銭付近から67円台半ばへと急落したこともあり、今後の動向に十分注意が必要だと思われる。


さて、日本時間午後3時にドイツの第1四半期のGDP-速報値、午後6時のECBの5月の月報、
午後6時に4月の消費者物価指数、第1四半期のGDP-速報値など経済指標の発表が予定されており、予想や前回との比較において、ユーロを中心に動意づく可能性があるだろう・・。

スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME