FC2ブログ
2008-03-28-Fri-05:42

方向感のないままおわったNY

おはようございます。

今日のNY市場は、すでにご存知の通り第4四半期米実質GDPを含め、概ね良好と判断され、ドル買いが加速した!!

しかながら、米株式市場が始まると前日の引け後に発表された米オラクルの決算結果や新たにメリルやUBSの1-3月期の評価損膨らむと一部アナリストのレポート、
 また噂に出る機会が増えてきたリーマン・ブラザーズの資金繰り悪化の噂等に反応。

ダウは一時▼90ドル安まで急落!!
その後は、時間をかけてプラス圏へ戻したが滞空時間は短くまたマイナス圏へ!!
往来となり小幅マイナス圏留まっていたが、

引けの30分まえぐらいから急激に下げ幅を拡大し、▼125ドル安へ!


ドル円を始め対円相場は、米経済指標を受け一気に加速!!
それぞれ高値圏へ!
その後米株価が急落すると米経済指標発表前の水準へ急落。
その後は米株価を追従するような値動きが続いた。

終盤に波乱!

株価が急落!

豪ドルやNZドル、カナダドルの対円相場の下げ幅が目立った!!



ユーロは対米ドルでは1.58ドルを巡る攻防の末、終盤になって時間外の金相場の下落もあり下落へ。比較的主要通貨において米ドル相場は揉み合いが続いたが、終盤の株価の下げを嫌気し、ドルの買い戻しが強まったようだ。


原油は1.68ドル高の107.58ドルで引けた、イラクでのパイプラインの爆発を懸念。

金先物は、月限がかわり6月限になり954.00ドルと▼0.20ドル安で引けた。
時間外になっても下げ基調が続いている模様。


依然、米金融市場の不安・疑心暗鬼、米経済の景気後退入りの可能性の高まり(個人的にはもう入っていると思っていますが)、払拭できずにいるようだ。

それでも米株価は異常なまでのしぶとく、粘り強く下げ渋っている模様。


さて、今日はあけて金曜日。
午前6時45分にニュージーランドの第4四半期のGDPの発表。
日本のCPI。
欧州時間に入ってから、欧州株の動向、要人発言、各国の経済指標。

そしてNY市場へと続きます。


今日はこの辺で・・。



スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME