--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-27-Thu-01:33

NY動揺なく、揉み合いか。

こんばんは。
ようやく一段落しました。
(個人的なことですが・・)

さすがに欧州時間と言ったところでしょうか。
ユーロ圏の心臓部“ドイツ”。この国の経済指標、IFO景気動向・現況評価値・予想ともそれぞれ前回、予想を上回る強い数字となり、ユーロ買いに殺到!!
1.5600ドル付近から1.5700ドル近辺まで一気に駆け上がったようだ。
ポンドも2.0025ドル付近から2.0100ドル付近まで勢いよく上昇したが、キング英中銀総裁の弱気な発言を受け、一気に急落!!1.9975ドル近辺まで達した。
この動きは、ドル円を始め対円相場に多大な影響を及ぼし、リスク回避の動きを強めた。


NY市場の朝、2月の統計。米国の2月の統計はいずれも弱いようだ。今回発表された2月の米耐久財受注・コア。双方とも大幅な低下をうけ、さらにドル売り・円買いが強まったが・・・。

想定されていたのか、思ったほどではなかったのかもしれない。
米株価の寄付きに注目が集まったと思われる。
取引開始から下げ幅を拡大し、一時▼155ドル安まで下げる場面もあった。
しかしながら、さらに動意を催すわけではなかった。

マイナス圏で推移に変わりのない米株式市場。
この市場になると株価ロボットでもいるのか、にらめっこが続くようだ・。


スイスフランへの逃避は断続的に続いている・。

遅くなりましたが、今夜もよろしくお願いします。


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。