FC2ブログ
2008-03-14-Fri-07:04

荒い値動きのNYだった

おはようございます。

この数字をたぶん、おそらく、驚く方が多いのでは・!!
!!!
なんで~~~、こうなるのぅ・。


どうもNY市場は、システム売買がかなり進んでいるのように感じる。
欧州中盤までは、欧州株や米先物株価指数の値動きを敏感に感じての値動きでなんとなく理解できるのですが(個人的にですけど・・)、NY市場が本格的に稼動しだすと一変するようで、頭の中が混乱!
はぁ・・。

さて、13日のNY市場も華々しく動きました。それもたぶん逆の上げ相場へ・・。
先行していた米先物株価指数、その通りの米国株が始まるとその中のダウは▼120ドル安、その後も▼200ドル安付近で下げ渋りの展開。
いいタイミングで格付け機関のレポート。
でも、一部ではヘッジファンドの破綻や米景気後退の懸念が根強いのだが、このレポートは価値が高いようだ。プレミアムだそうだ・。
メッキかもしれないけどね・・。


ダウが下げ渋りから徐々に下値を切り上げ上昇しだすと、ドル円を始め対円相場の重しが軽くなりだした。また、今週欧州通貨への投資が盛んだったが、ポンドやスイスフランがこけた。ユーロは踏ん張る。そして出遅れ気味だった豪ドルやNZドルが金利差や今日のオセアニア時間に発表された経済指標を好感したのか対ドル、対円でも堅調に推移しやっと今週の出遅れを取り戻しつつあるようだ。


終盤にかけてようやく落ち着きを取り戻し始めたかと思われたが、ここでもダウが伸び悩む。
下げ転じジワジワとその上げ幅を縮小しだすとドル円を始め対円相場に売り圧力が加わり、一方ユーロやポンドはドル売りを強める・。


だから、いつも嫌なのだ・。
この引けの15分間が・・・。
案の定、上昇幅を急激に縮小しだした・。
毎回の如く円買い圧力が強まり、ユーロドルはどこまでもいきそうな気配だ。
ついに1.5643ドルの最高値を更新!!


原油は高値を更新し、110.33ドル。一向に下げる気配がない。
金先物も一時1000ドルをつけるなどドル安に対する不安が消えないようだ。
993.80ドルで引けた。



荒れた夜だった・・。
目まぐるしく後付のコメント書いています。


さて、週末金曜日。
NY市場では何がまっているのか・・・。
重要な経済指標もあり、また週末特有の動きが予想され、何もかも役に立たないようだ・・。
休日のことも考えると手が出せない・・。

あぁぁぁ・・・。
スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME