2008-03-12-Wed-00:42

でも、根っこは・・。

こんばんは。
びっくり!!!ドル円が103円台に上昇し、1.55ドルを目前にし会社に着いたら達成しているかと思いきや、なんじゃこれは???
昨年の暮れと内容は違うが米連邦準備理事会(FRB)など欧米5中央銀行が発表した流動性供給に関する協調策について「これらの措置を歓迎し、国際金融市場の安定確保に貢献することを期待する」との声明を発表した。
知らなかった・。忘れたころのビックなプレゼント。折から、ドル売りが急展開に進んだ今夜の欧州市場。ユーロは対米ドルで1.5500ドルまで一歩、ポンドも2.0200ドル台と特に欧州通貨を中心加速した米ドル流れ、口には出さないがECBも英中銀も急激な相場変動は嫌だ。そう、思う。そこへ、乗りかかった船に乗船したのだろうか?
今週なって急に慌しくなった金融市場、流動性の懸念を早めに鎮静化させるために手段が講じられたのだろう。
でも、根本的なことは「何一つ解消されていない・解決されていない」
逆にそれだけ、困難ことが多く、困っているように私は想う・。
一過性、その場しのぎの対策・。

そう簡単ではない今回の米発の金融市場の混乱と信用不安は・・。


経営難に陥っている米住宅ローン会社ソーンバーグ・モーゲージ社は11日、2007年の変動金利型住宅ローンに関する評価損を7日に発表した4億2780万ドルから6億7660万ドルに修正したと発表。
ダウは今回の発表を受け、楽観ムードか取引開始から一気に282ドル高と吹き上がり、その後も200ドル台以上の水準を維持しているが・・。
さて、何が起きるかわからないのがNY市場・・。

どうなるのか?

また、次の一手は・・。
それは・・。


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME