--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-16-Sat-01:11

揉み合いのNY

こんばんは。
やっと金曜日を迎えました。
そして、2月も半分終わりました。

欧州勢の参入。まず上値トライ。
ドル売り・円売り。
でも、思ったほど上がらない。
今週、勢いを増していた英ポンドを崩しにいった。
見事なまでの下落!
対円相場も引きずられて急落。


そして、NY市場の朝。
NY連銀製造業景況指数が▼11.7(前回:9.0)。2005年5月以来のマイナス。
リスク回避の動きが強まり、この日の安値をつけた。


それから小幅反発して、米先物株価指数とにらめっこ。
材料はほぼ出尽くし感もあると個人的には思うのだが・・。


さて、注目の米国株が始まった。下げ!
しかし、ドル円を始め対円相場は小幅値を戻す?

フライングの2月のミシガン大学消費者信頼感指数-速報値。
69.9!!
16年ぶりの数字に反応が限定的???

事前に洩れていたとも・・。

まか不思議な国・。


ユーロは対ドルで一時1.47ドル台を回復するが、ほんの少しの時間しか滞在せず、
反落。トリシェECB総裁の発言を受けた感もする。


しばらく、往来相場かな・・。
相対的にみて・


下記画像は、ドル円とユーロドルの5分チャートの対比です。赤い線がユーロドル。


16uad.jpg







スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。