--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-13-Wed-03:28

円全面安とドル安のNY

おはようございます。

いつもながらの株価と対円相場の動向。
往来相場・レンジ相場と言ったところでしょうか。

円全面安の展開にはなっていますが・・。

今日のNY市場は、話題豊富!!!
何がって・・・、それは、もう・・
ふぅ・。

モノライン数社に対してかの著名な投資家、ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハサウェイ社が、債務引き受けを申し出たと!!!
凄いようね!


米GMの10-12月期の決算発表の影響は、雲の彼方へ。



出だしこそ軟調であった欧州株式市場は、堅調に推移し、前日比で市場によって違うが150~224ポイント高の急騰!!
まぁ、欧州経済もG7後のECB関係者の発言内容について、理解難に陥っているようだが、心臓部のドイツのZEW景況感を好感し、また、イギリスでは1月のCPIや小売物価指数の結果が、事前予想とほとんど変わらなかったことも安心感を与えたのだろう。
欧州通貨買い・米ドル。
欧州通貨買い・円売りへ。


また、米金融大手6社:バンク・オブ・アメリカ、JPモルガン・チェース、シティグループ、カントリーワイド・フィナンシャル、ワシントン・ミューチュアル、ウェルズ・ファーゴが、ローン返済が滞った住宅の差し押さえを一時停止する救済策「プロジェクト・ライフライン」を発表。米財務省と住宅都市開発省の支援を得て行うと。

続けて金融市場の不安を後退させる報道に、NYダウは200ドルを超す上昇をみせた!



こうなると市場参加者の投資再開にも弾みがついてきたのか、違った景色になりだしたのかもしれない・。



ただ、まだまだと思うけど・・。


スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。