--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-12-Tue-01:18

往来へ、週明けのNY

こんばんは。
欧州勢参入後、リスク回避の円買いが強まった。
先週末のG7後、米国を始め先進国経済の下振れリスクが高まり、アジア圏の株価は海外機関投資家の
失望売りへと。
ただ、まだアジア圏の市場は旧正月。
本格的に洗練を浴びるのは、13日以降だろう。




NY市場が始まってから、米国株が軟調地合い。
一時▼100ドル超の下げ幅を見せた・。
AIGにからむ報道のようだ。この会社の株価が著しく下げ、全体に信用市場の懸念を誘発したのかもしれない。相変わらず、具体的な処方箋が見つからず、当事者にならないと本腰が入らないようだ。


米国株は、中盤に入り急速に下げ足を緩め、縮小へ・。
対円相場は小幅値を戻し始めたようだ。





さて、往来相場かと個人としては思っています。
ドル円は、106円30-50銭、その下値は105円50銭。
上値は、107円70-90銭でしょうか。このボックスを抜ければ、新しい展開が見えてきそうなが、気がします。
また、豪ドルは、対円では、95円50銭を上抜けし、底固めに。目先の下値は95円00銭。対ドルでは、0.8900ドルが下抜けしない限り底堅く推移する可能性が高いと思っています。
NZドルは、対円では83円50銭、83円00銭、82円50銭の水準が下値の目安かと思います。また、対ドルでは、0.7800ドルが下値の目安かな・・。

くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。



スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。