--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-02-09-Sat-06:10

終わった今週も・・・。

おはようございます。
いろいろなことが今週もありました。
難しい金融機関を表すカタカナ表記に、目が点!
いやぁ~~~、困った。
それに難しい米国金融市場の仕組み。
目がしょぼしょぼ・・。


さてさて、今週のサプライズはなんといってもトリシェECB総裁の発言だろう。
ユーロ圏の下振れリスクとは・・。
ユーロ高を牽制するにはよかったと個人的には思っていますが。
さて、本当のところは経済指標の通り悪化なのか。


ようやくニューヨーク市場終盤。

ロイターよれば、OPEC May Switch oil Pricing to Euro.と雑誌に。
「ユーロでの原油価格設定、可能性あるが時間かかる」とOPEC事務局長のインタビュー記事にユーロ/ドルがピンと反応!1.4500⇒1.4535へ。
一瞬だけ反応・。

ダウが下げ幅を拡大。▼140ドル超!
その後も▼100ドル近辺に縮小するが軟調地合いになんら変わらない。
今週は、マイナス引けとなった。


原油は約3.5ドル上昇の91.77ドルで引け、
金先物も、12.30ドル高の922.30ドルで引けた。



週末を控えて、債券への逃避が活発だったようだ。
欧州国債市場で、2年債相場が大幅高。2001年9月の米国同時多発テロ以降で最大の上げ!
スイスフランへ逃避。
ユーロは対米ドルでの下落率は、週間で2006年以来の最大2%安。



週末、太平洋側は大荒れの天気のようです。
風邪などに十分気をつけてください。

今週もありがとうございました。
よい連休を・・。








スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。