2008-02-06-Wed-05:24

どうにか、こうにか、NY市場。

おはようございます。
欧州序盤からユーロ高牽制発言やユーロ圏の経済指標の低下を受け、
ドル買い・ユーロ売りに拍車。

欧州通貨はドル買い戻しに遭遇し、今までのポジションを調整かな。
ドル円もお付き合い。久々に107円70銭を超えてきたが、
残念かな、もう後押し足りずじんわりと下げだした。

オセアニア通貨はのんびりと。優雅に落ちてきた。


そこへ、米経済指標の漏洩を恐れ、1時間早い1月の米ISM非製造業景気指数の発表!
分岐点の50を大きく下回り、41.9。
びっくり、誰もが。
先週のISM製造業景況指数が辛くも50.7。一安心していたところにこの数字。
否応なく、米景気後退懸念が再浮上へ!
次回のFOMCに向け利下げ観測が高まっていくだろう。
さらに悪化となるような米経済指標が続けば、緊急利下げもありうるだろう。

折から、モノラインに対する支援や格付け見直しが、囁かれている状況下。
ドル安の危険性は高まるばかりだと思う。


欧州の政策金利を控え、各通貨は中盤以降模様眺めになっているようだ。

欧米株が異常なまでに反応!
商品相場も。
原油は、▼1.61ドル安の88.41ドルで引け、
金先物も、▼19.10ドル安の890,30ドルで引けた。


目先、ダウ終了後の空白の1時間、東京市場の始まるまでNY勢の遅番が仕掛けるか。
また、アジア株の動向が気になります。しかし、旧正月でかなりの市場が休場のようですが・・。


そして、スーパー・チューズデーの行方は?



では、この辺で・。






スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME