2008-01-22-Tue-06:31

これから・。

おはようございます。

欧州序盤、血相をかいて欧州株価急落。
当然のごとくリスク回避の動き一時染まった・。

しかし、今日はキング牧師の生誕記念日で休場の米金融市場。
主役不在のままであった。

いずれにしても、今日おもな市場が動き出す・。
仕切りなおしへ・。

いろいろな噂や報道が飛び交いそうだ・・。

さて、
個人的には、ドルインデックス指数の下げずにいたので、少し安心していたが、違った。
物事は、一面でなく多面でみることが重要であり、大切だ・。
主要6通貨に対するNY商品取引所(NYBOT)ドル指数は、0.6%上昇し76.87となった。
指数の上昇の背景は、投資家のドル保有意欲よりも、大半の主要通貨が全般的に弱含んだことによるところが大きい。
確かにユーロは、1.44ドルで、ポンドは1.94ドルで、豪ドルは0.86ドル、NZドルは0.74ドルと対ドル相場で大きく値を下げている・。
難しいですね・・。

金利先物市場は、米連邦準備理事会(FRB)が08年に政策金利を2.50%以下の水準へ引き下げるとの見方が出ている。もし、そうであれば、今月のトリシェECB総裁や関係者の発言で、利上げから据置きの欧州中央銀行(ECB)が08年中に利下げをせざるおえないかもしれないと・・。ルクセンブルグ首相の発言が終わりごろ聞かれた・。ちょっと、悲観的かな・・。
これも難しいですね・・。




スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME