--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-15-Tue-21:17

あとは、今夜のダウか・・。

こんばんは。
寒い一日ですね・。
米金融機関の損失拡大懸念が急浮上。
折から、今年発表される昨年12月の米経済指標の結果が、思ったほど振るわない・。
一部に米経済は景気後退に入ったのではないかと囁かれだした。
個人的には、景気後退局面に入ったと思う。

米国からの洩れ聞こえてくるのは、大統領選の行方・・・。
しかしなが、屋台骨が危うくなりだしている現在、それどころではないかと思う・。


さて、どうやらユーロ圏にジワジワ浸透してきたのか、日本時間午後7時に発表された独ZEW景況感調査は、前回の▼37.2から一段と低下。▼41.6と約15年ぶりの低水準。昨夜のECB関係者の指摘にもあった通り、これはユーロ圏心臓部のドイツ経済の減速の可能性を示唆していると思われる。先週、タカ派発言をしてトリシェECB総裁。今後欧州の景気減速懸念が強まる可能性が高まったと思われる。

また、日本時間午後6時半に発表された英消費者物価指数(前年比)は+2.1%と3ヶ月連続で英中銀のインフレ目標(+2.0%)を上回った。
ひとまず、胸をなでおろすしていると思われる。
上値は重いだろうが、金利差を考えれば、ジワジワは上値をトライか?


また、米シティグループの10-12月期の決算発表が午後8時半にあった。
2007年度、通年の収入は817億ドルで純利益は36.2億ドル。
第4四半期損失、サブプライム関連の評価損と信用コスト増大によるもの。
四半期配当を1株当たり0.54ドルから0.32ドルに引き下げ へ。

昨夜来の米金融機関の噂と現実との乖離が、どのくらいなのか?
悪材料出尽くし感を好感されれば、ドル回帰か?



しかし、アジア圏の株価の下げは、凄い!!!
ちょっとのことでは、回復は厳しいか・・。


では・。

下記はドル円、ユーロドルとポンドドルのそれぞれ5分チャートです・。
無題08115en
無題08115pon
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。