2008-01-11-Fri-06:26

翻ろうされて、次のテーマは・。

おはようございます。

荒れた!
対円相場は、乱高下!!

対ドル相場は、ドル全面安へ!!


欧州株は2日続けて続落して引けた。
英ノーザン・ロックの身売りもいまひとつ上手く行かず。
市場参加者の意図を交わした英中銀の政策金利発表。
しかしそのあとのマーケットは、次回の利下げを催促するかのような主要通貨でのポンド売りを浴びせている。
ECBも見送り。舵取りが非常に難しいと思う・。
しきりにトリシェ総裁はインフレリスクを口にするが、どうなんでしょうか・・。


そしてむかえたニューヨーク市場。
よくわからない動きだ・。
再三書いているが、ドル売り先行後一服。
その後、一時円売りが強まるが反落・。
推測の範囲だが、5・10日に絡んだNY東部時間午前10時にあわせた
オプションの権利行使時間だったか・・。
その後は、小幅反落・。
揉み合い・。
原油は一時2ドル近い下げ。


日本時間午前2時15分過ぎ、バーナンキFRB議長のコメント・。
情報配信のモニターに飛び込んできた・。
飛びついた。
誰もが・・・・。

株価すべて、プラス圏へ反発!!ダウは一時プラス120ドル超・・・。
その後乱高下を繰り返し、
米バンク・オブ・アメリカが、カントリーワイド買収へ交渉の報道が終盤に流れる。影響か、引け間際になって再び大幅な上昇に転じる。
だが、内容を吟味・。

手放しで喜べないと思うのだが・・・。
一時、反落・。

ドル全面安となる。


12月の米ICSCチェーンストア売上高、前年比は、前回3.5%に対して0.9%と落ち込んでいる。
また、先に発表された米失業保険申請件数は、季節調整前だと増加。
しばらく様子をみないと判断できないが、徐々に悪い方へ歩みを進めているようだ。
来週、CPIや小売売上、住宅関連の重要な経済指標の発表が控えている・・。


さぁ、今月末のFOMCに向って走り出した。
0.50%かさらに0.75%もありか?
今日のFRB議長の発言を手がかりに・・・。
毎回、市場との対話できっかけを作っているだけに今日も重みも感じているだろう。就任以来、なんどとなくひどい目にあっているだけに。




ドル下落に金先物は連日の高値更新、今日も一時897.30ドルを付けた。引けは、893.60ドル。
原油は続落し、93.71ドルで引けた。



さて、今日は・・?


無題
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME