--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-28-Fri-08:21

波乱の幕開けか?

おはようございます。
一夜明けたら、そこは別世界か?
事の真相をつかむためにあくせく・・・、はて・?

市場の関心は、米金融政策の行方なのか、それともサブプライムからの脱却と企業業績の向上なのか?
何を根拠に、
何を材料に、しているのだろうか?

昨夜は、米11月の耐久財受注の発表があった。こんなに素直に反応するとは、ちょっと不思議!
0.1%(事前予想:1.9%)、また変動幅の大きい輸送用機器を除くコアは、-0.7%(事前予想:0.5%)。
すべて予想を下回る弱い結果。

ドル全面安へ・・。金利引き下げ観測が、むっくりと頭をもたげだし、ドル離れを始めたと報じている?
正直、わかりません・。

市場は、クリスマス休暇明け、まだまぶたがしっかり開いていない中の出来事かもしれないから・・。

でも追いかけていかなければ、と思ったのかもしれない。
ユーロドルは約1ヶ月半ぶりの1.46ドル台。
ポンドドルは、1.99ドル台。

調整が済んでいる分、値動きはかろやかのようだ・・。
振り落とされないように・・。


それとは別に、確実に100ドルに近くづきつつある原油の上昇!!
1バレル=97.21ドルへ!!!
在庫減少と中東情勢か。



また、弱り目にと言われるが、
パキスタンの有力野党パキスタン人民党(PPP)を率いるブット元首相が27日、来年1月8日の総選挙に向けた遊説中に暗殺されたとのニュースが飛び込む!!!!
これを受け、スイスフランへリスク回避の投資資金が大きくシフト・。

大国米国の威信が揺らいでいる今年下期。
今月はドルの買い戻しや米系金融機関の資本強化に利下げ観測が遠のいたかのような錯覚を与えたように思う。
しかし、屋台骨は小さな穴から崩れかけているのかもしれない。


ニューヨークダウは、13、359.60ドルと▼192.08ドルで終わった。欧州株も終盤に売り気配・。
今日のアジア各国の株価は、軟調地合いと予想されそうだ・・。


十分、ご用心を・・。
28.jpg
無題
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。