2007-12-21-Fri-14:48

欧州勢はどうするか?

こんにちは。
連休を控えて、午後に入って一層こう着の度合いが増しているようだ・。
午前は、仲値の公示に向け外貨の手当の外貨買い・円売りにが一時優勢となったが、
発表後、資本筋などの売りが大量に出たため対円相場は、一時値を下げた・。

しかしながら、下げ局面もあっけなく終焉・・。
すぐに居心地のいい水準に反発し、長い、長い、こう着状態に突入して行った。

昨夜、追加利上げの発表した中国株だが、影響は軽微・・・。
他のアジア圏の株価も、ここまで反発して推移している・。

午前中に一時1万5000円を見せた日経平均株価が午後からは、200円超の上昇・。
依然ほど為替との相関関係は薄れているようで、円売りには繋がっていないようだ。


昨夜、欧州時間から始まったユーロ売り、ポンド売りは、アジア時間は小康状態・・。
小幅反発しているが、上値は重いようだ・・。
ドル離れの傾向ははっきりしているが、まだまだポジション調整の域なのか、なかなか次の一歩が見えてこない。

また、金融機関の信用不安の輪が広がりつつある。一体全体どこまで裾野が広がるのか、見当もつかない・・。また、昨夜、米メリルが資本増強の発表をしたが、ニュースフラッシュで更なる増資が必要と・。
どこかで聞いたような内容だと思うのだが・・。
この話が海外時間に蒸し返される可能性もありそうだ・・。


どちらにしても、欧州勢の出方次第でしょう・・。
金曜日だから、
連休前だから、
でも、
どうでしょうか・・・・?

いろいろな感情や憶測が交差しそうです・。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME