2007-11-29-Thu-09:01

ぬか喜びかも・・。

おはようございます。
昨夜、欧州勢の登場で欧州通貨売り・ドル買いの動き強まり、リスク許容度の低下やドル下落に対する警戒感が強まったのか、これと言った材料がなかったようだ・。
ところが、NY市場に入ってから様変わりのマーケットを迎えた・。序盤、コーンFRB副議長の発言がインフレ懸念を示唆しながらも、個人消費は減速と認識しており、FRBは柔軟にとの考えを示した。ドル円はホップ・ステップ・ジャンプと109円50銭飛び越え、110円手前で揉み合い、そして終盤110円48銭まで上昇!!その後押したのがFOMCの判断材料となるベージュブック。その中で「経済拡大も成長ペースは減速」と述べていたことから、利下げ観測が台頭しだし、NYダウが今年2番目となる上げ幅331.01ドルの1万3289.45ドル、ナスダックに至っては今年最大の上げ幅82.11ドルの2662.91ドルとなるドル売りに一気に傾いた。原油は約4ドル近い下落となった。
 株価の方も、好材料がでたおかげ金融株を中心に買い注文が殺到したようだ・・。
金融機関に対する不信は、まだまだぬぐいきれないが、なんとか資本増強をはかろうと躍起になっているように私の目には見えるのだが・・・。今週の米経済指標は、相変わらず弱い結果となっている。テレビのニュースで流れる米国のクリスマス商戦も値下げでなんとか維持していると・・。
 株価に連動している分、なんと歯がゆいところだ・。
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME