FC2ブログ
2007-11-14-Wed-21:51

ポンド売りへ・・レポートを受けて

07.11.14po.jpg

こんばんは。
なにやら各国の金融関係者の発言を耳にすると来年2008年の経済成長に関して、下方修正ないし鈍化と・・。
先ほど、日本時間午後7時30分に発表された英中銀のインフレ報告書の結果は、
・CPIのリスクは均衡、来年は2%上回りその後は鈍化へ
・市場金利は第4四半期が5.7%・08年第1四半期は5.5%・第3四半期は5.3%・09年第・1四半期は5.2%を予想
・インフレ率2%を予想、08年に1回の利下げ示唆
・市場金利に沿えば今後2年間でCPIは2%、金利を据え置けば2%下回る
など今後の金利に対して追加利上げより引き下げに向かう可能性が高いと受けとったようだ。
直後から英ポンド売りへ!!!!
売れ・・・・。

一方根が深くいまだ出口の見えない米サブプライム問題が、今のところ金融機関だけで収まっているが、年明けから本格的に借り手の消費者まで発展しだしたら・・・?
どうなるんだろうか・・・。
恐ろしい!!

各国とも現状維持からやむなく利下げへ追い込まれる可能性もあると個人的にあると思う。米ドル安が自国の輸入代金が膨らみ、逆に主要通貨高・新興国通貨高は、輸出の伸び悩みにつながるだろう・・。
どうしても、世界の工場「中国の人民元」にスポットがあたるのだろう・・。先ほども温家宝・中国首相も「中国は強いインフレ圧力に直面、物価安定に向け一段の措置をとる」とコメントを出している。
今夜の発端の英中銀のキング総裁は、コメントで「G7は柔軟な為替レートがあるが中国は定めたレート、これが緊張を引き起こしている」と・・。さらに「今週末のG20会合で為替の緊張について議論することを望む」とまで言った・・。今週末も波乱を含んでいるようだ・・。

では、この辺で・・。

どうもいまひとつです・・・。

何が・・?
全て・・。

上記は問題の英ポンド/米ドルと左軸に英ポンド/円の5分チャートです・・。この通貨は毎回乱高下・・・。

スポンサーサイト



COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME