2007-11-11-Sun-07:34

今週の予定・・

今週の外国為替市場は、いかに?
いよいよ米財務会計基準審議会による強制時価評価の開始に伴い、米金融機関へのサブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅融資)の影響が大きくクローズアップへか?数字如何で、株価の影響は必死!
 さらに、先週からリスク回避の動きが堅調なだけに、損失計 上の規模が膨らめば、ドル売りがさらに加速するとみられる。一方、日銀の金融政策決定会合では金利据え置きが予想されており、外為市場への影響は限定的となる見通し。
 15日は、米財務会計基準審議会による強制時価評価が始まるとのこと・。14日には、10月米小売売上高、15日には、11月フィラデルフィア連銀景況指数、10月米消費者物価指数(CPI)等の重要指標が予定さているが、数字にも限界かもしれない。ドル支援は厳しいとの見方が優勢のようだ・・。
 対照的にユーロへのシフトも考えられるが、個人的には懐疑的だ・・。
に関して、米株価の上昇がキャリー取引再開の思惑から安材料として構図が出来ているようだが、やはり対欧州・資源国通貨が中心になるだろう・・。
 、内閣府が13日に発表する7─9月期の実質国内総生産(GDP)は、1%台後半とみられる潜在成長率並みとなる見通し。市場では注目はされいるが、政策金利に反映するには時間がかかるとの見方のようだ・・。

 日銀は12、13日に金融政策決定会合で政策金利を据え置く見通しのようだ、市場の関心が違うところにあるだけに難しい・・。


発表日  日本時間   発表指標                
12日 
 8:50  日本   9月国際収支ー経常収支
 9:30  豪州   RBA四半期金融政策報告
18:30  英国   10月生産者物価指数
               コア指数
            ユーロ圏財務相会合
     米国   退役軍人の日で債券市場が休場
             
13日
 8:50  日本   3Q-GDP速報値
            3Q-GDPデフレーター
       日本   日銀政策金利発表
            EU財務相会合
18:30  英国   10月消費者物価価格指数
            10月小売物価指数
               コア
19:00  ドイツ  ZEW景況感調査
       EU   ZEW景況感調査
             9月鉱工業生産
21:45       10日終了週チェーンストア売上高
22:55       レッドブック小売店売上高 
 3:15       クロズナー米FRB理事が
            新BIS規制について講演
 4:00       10月米財政収支
 5:00       9月米住宅販売保留指数          
 7:00       ABC/Wポスト米消費者信頼感、

14日
 6:45  NZ   3Q-生産者物価格
16:00  ドイツ  3Q-GDP 速報値
18:00       フィッシャー米ダラス地区連銀
            総裁、米・世界経済について講演
            (シドニー)
18:00  南ア   実質小売売上高/9月
18:30  英国   10月の失業率
19:00  EU   3Q-GDP速報値
20:10  EU   トリシェECB総裁が
            シンポジウムで講演
21:00  米国    9日終了週の住宅ローン申請指数      
22:30  米国   10月米小売売上高
               コア    
            10月米卸売物価指数
               コア指数
22:30  カナダ  10月景気先行指標指数
23:10       バーナンキ米FRB議長が講演              「21世紀の金融措置」
 0:00       9月米企業在庫  

15日
 6:45  NZ    9月小売売上高・コア
22:30  米国   10月米消費者物価指数(CPI)  
               コア指数(前月比)  
               コア指数(前年比)
            10月米実質所得 
            11月NY州製造業業況指数
22:30  米国   10日終了週新規失業保険申請件数 
23:45  米国   米シカゴ地区連銀主催の会合で
            エバンズ総裁があいさつ 
 2:00  米国   11月米フィラデルフィア地区連銀業             況指数
 3:30  米国   ホーニグ米カンザスシティー地区
            連銀総裁、
             経済見通しについて講演

16日
 7:30  米国   米シカゴ地区連銀主催の会合
            エバンズ総裁があいさつ
22:45       クロズナー米FRB理事
            経済見通しについて講演
23:00  米国    9月対米証券投資
23:15  米国   10月米鉱工業生産       
               設備稼働率      
 0:00  米国  ロックハート米アトランタ地区連銀
       総裁、南東部経済について講演モントリオール

17日20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)
(18日まで)
18日 国際決済銀行(BIS)10カ国中央銀行総裁会議             (19日まで)
    20カ国財務相・中央銀行総裁会議(G20)
(最終日)
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

TRACKBACK

BIS規制BIS規制(ビスきせい)は、国際決済銀行(BIS)によリ定められた、国際的に業務展開をする銀行の健全性を保つために適用されるルールである。具体的には、銀行の自己資本比率を8%以上に保つことを要求する。この規制により、銀行の中には、国際業務から撤退し国内業務に
HOME