--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-06-05-Fri-22:33

ドル円、13年ぶりの125円台だが



5日ニューヨーク市場序盤、ドル買いが加速。先ほど発表され米5月雇用統計で、NFPは28万人と市場予想の22.5万人を上回る一方で、失業率は5.5%と予想の5.4%より悪化。平均時給は0.3%と予想の0.2%より改善。
強い結果に素直にドル買いに反応。ドル円は125.75円近辺まで上昇。意外と伸びない。ドル高はあまり好まれない。
リーマンショックで失った雇用を回復させるにはまだ足りない。足元の景気回復は緩やかで緩慢なのかもしれない。

利上げ期待への機運が高まりそうだが、まばらな指標結果では難しいのではないか。また、利上げしても、その後はのんびりとしたペースとの見方が大勢。初回の時期をめぐり、騒いでいるようだ。一方、ユーロはしたたかに。ギリシャ問題は懸念材料だ。

まだ、市場は疑心暗鬼なのかもしれない。

引けまで、どうなるかわからない。
スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。