FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-02-13-Fri-08:55

12日要因と今日?

12日世界を取り巻く金融市場を動かした要因の一部。
※為替市場では、欧州市場序盤、円買いが強まり、ニューヨーク市場では、緩やかなドル売りとなった。

・一部メディアが日銀関係者の話として「日銀追加緩和は逆効果、10月の追加緩和は消費者マインドに悪影響を与えた」「追加緩和はさらなる円安を引き起こし消費者マインドに水を差す」などと報じたこと。
・ギリシャのバルファキス財務相はこの日、ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)に
対し、支援プログラムの打ち切りを要請するとともに、債務の再編計画を提案する。可能性について否定的な見方。
・ただ、一方では、欧州中銀(ECB)がギリシャの銀行に対する緊急流動性支援(ELA)を50億ユーロ拡大して650億ユーロにした。
・この日発表された米1月小売売上高は前月比マイナス0.8%(予想マイナス0.5%)を上回る落ち込みとなり、米新規失業保険申請件数も前週の27万9000件から30万4000件へと増加した。⇒米景気回復について疑問視。早期利上げ観測が後退。

・ウクライナ停戦合意。

13日週末を控え、東京市場の時間帯では、日経平均株価が前日に300円超す大幅高となったことで、上値が重い展開を予想する声もある。ただ、12日ニューヨーク市場で、米主要株価指数が軒並み大幅高で取引を終了。ナスダック総合は15年ぶり高値を更新した。こうした状況下であるが、週末要因から利益確定や持ち高調整地合いの展開を予想する声が聞かれている。
為替市場では、ギリシャ情勢は不安要素ではあるものの、すぐにどうこうなることではないだろう。当面の懸念事項について薄日が差しかけている。緩やかな円売り地合いか。

 しかし、今週、来週2週わたり『ジブリ・アニメ』の放映が予定されている。米雇用統計の関係性を伝える発信もあるが、週末・金曜日。マイノリティーではあるがマーケットが荒れる可能性も考えられるので、用心したい。

 相場は生き物。市場参加者の心理状態が反映されている。

では、また。

最終判断はご自身でお願いします。

スポンサーサイト
2015-02-13-Fri-08:24

2015年2月13日用のピボットとフィボナッチ数を使ったピボット

おはようございます。いつもありがとうございます。
気まぐれですので、ご容赦ください。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値・安値、そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
http://www.fibonaccitrader.com/journals/FTJ14.pdf
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
【前日の4本値】
20150213.png

ピボットとは、J・W・ワイルダー氏が考案したテクニカル指標です。リアクション・トレンド・システム(リアクションとは、逆張り)といわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」・「トレンドモード」
20130623c.png

【リアクションモード、ボックス相場の売買の考えた方】
・ボックス圏にある時をリアクションモード、ボックス相場という。相場変動が上下のブレークポイントの中で推移している時、目先の相場はボックス圏にあると推測される。この場合、買いポイントと売りポイントを目印に下落すれば買い、上昇すれば売ればよいと考える。

【リアクションモード、ボックス相場のとき】
・買い1と買い2の間で買いもちにし、それを利食うのは売り1と売り2の間に値段がきたとき
・売り1と売り2の間で売りもちにし、それを利食うのは買い1と買い2の間に値段がきたとき


【トレンドモードの売買の考えた方】
・トレンドとは相場に方向性が出てきたこと。上下のブレークポイントを抜けるとボックス相場が終わり、トレンドが発生したと判断する。価格がハイブレイクポイント(HBOP)を上抜けして上昇した場合、あるいはローブレイクポイント(LBOP)を下抜けした場合、その報告に新しいトレンドが発生したと推測。

【トレンドモードの時、相場に方向性が出たとき】
HBOP(ハイ・ブレイク・ポイント)、LBOP(ロー・ブレイク・ポイント)
・売りで入った後マーケットがHBOPを上抜けしたら、予想やシナリオがはずれた可能性が多いので損切り
・買いで入った後にLBOPを下抜けしたら、同様。
・ブレイクポイントが抜けたら新しいトレンドの発生の可能性。ハイを抜けたら買い、ローを抜けたら売りのポジションを作る作戦。
・ストップ時には、売買を見送るのが基本スタンス
20150213a.png

☆あくまでもひとつの資料であり、最終判断はご自身でお願いします。

こちらはピボット同様、前日の高値・安値、ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。数字にはフィボナッチ数の0.5と0.618、1.0と1.328を使っています。より細かく、より判りやすくしたものです。
20150213b.png

【計算方法】
P=基準ピボット、買い1=サポート1、買い2=サポート2、売り1=レジスタンス1、売り2=レジスタンス2
HBOP=ハイブレイクアウトポイント
LBOP=ローブレイクアウトポイント
C=前日の終値、H=前日の高値(ASK)、L=前日の安値(BID)
※C=前日の終値は、ASKとBIDの中間の価格を使用

P=(H+L+C)/3
売り1=2P-L
売り2=P+H-L
買い1=2P-H
買い2=P-H+L
HBOP=2P-2L+H
LBOP=2P-2H+L


★フィボナッチ数を使ったピボットの計算方法
BP(バランスポイント)(基準ピボット)=(H+L+C)/3
レジスタンス1(売り1/SELL1)=BP+(H-L)×0.5
レジスタンス1’(売り1’/SELL1')=BP+(H-L)×0.618
レジスタンス2(売り2/SELL2)=BP+H-L×1.0
レジスタンス2’(売り2’/SELL2')=BP+H-L×1.382

サポート1(買い1/BUY1)=BP-(H-L)×0.5
サポート1’(買い1’/BUY1')=BP-(H-L)×0.618
サポート2(買い2/BUY2)=BP-(H-L)×1.0
サポート2’(買い2’/BUY2')=BP-(H-L)×1.382

HBOP=2BP-2L+H
LBOP=2BP-2H+L


HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。