FC2ブログ
2013-01-29-Tue-22:13

金利差!

29日欧州市場序盤、主要通貨は対円・対ドルで上値が重い。

欧州債務問題の先行き懸念が後退し、対ユーロ相場の持ち高調整が進んでいる。

さて、このあとのニューヨーク市場の時間帯では、23:00に米11月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、0:00に米1月消費者信頼感指数等の発表の他、3:00に米5年債入札が予定されている。
ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策発表を明日に控えて、模様眺めになるかもしれない。

そんな中、米国10年物の利回りが注目されている。2%台に上昇すれば、日米金利差拡大との思惑から、一段とドル円が上昇するとの声があるので、用心したい。


引き続き、米国主要株価指数、商品相場、原油相場、債券市場等の動向や、要人発言等に注意したい。
スポンサーサイト



2013-01-29-Tue-07:25

思い込みは、甘い蜜!

28日ニューヨーク市場では、主要通貨は対円・対ドルで小動き。
この日発表された米耐久財受注は予想を上回ったが、中古住宅の指標が予想を下回ったことなどから、マーケットへの影響は限定的なものにとどまった。

円売り疲れも出ているが、きょうは円売りが一服。

一部報道が関係筋の話として、2月15-16日にモスクワで開催されるG20では日本の新たな金融・財政政策と円安とのつながりを議論する可能性はあるものの、競争的な通貨切り下げを行っているとまでは言えず、日本への風当たりが強まる状況には至らないだろうと伝えていた。

ユーロドルは心理的節目として意識される1.3500ドルを目指す動きも見られた。ただ、1.3500ドルに接近すると中東勢の売りオーダーなども観測され抑えられているが、ユーロ買いは強いようだ。

ここにきて、円安をきっかけに、資源国買い・ドル売り・ユーロ売りの構図にもやや修正が出ている可能性もありそうだ。

思い込みは禁物か。

くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。
HOME