2010-06-27-Sun-09:31

G20の反応は???

26日カナダのムスコカで開かれた主要8カ国首脳会議(G8)で、韓国の哨戒艦沈没事件について北朝鮮を非難する首脳宣言を発表した。宣言で「韓国の哨戒艦沈没を引き起こした3月26日の攻撃を遺憾に思う」とし、「合同調査団は、北朝鮮に沈没の責任があるとの結論出した。われわれはこの文脈で、沈没につながった攻撃を非難する」等の見方を明らかにした。この結果、今後朝鮮半島情勢をめぐって、一段と緊張が高まるのか注意したい。

一方、トロントで開幕した20カ国・地域(G20)首脳会議の声明草案が、関係筋によって明らかになった。内容は「20は2013年までに財政赤字を半減すること」、「政府債務の対国内総生産(GDP)比率を2016年までに安定させるか削減すること」等で合意した。声明草案は「既存の景気刺激策を実行する必要があるが、最近の出来事は持続的な財政の重要性を強く示した」、「財政の持続可能性を実現するため、すべての国が、各国の状況に応じて調整した、信頼できる、適切な段階を踏んだ、成長に配慮した計画をまとめる必要がある」等の認識が示された。
景気刺激を優勢させたい米国と財政再建を優勢させたい欧州双方に配慮した内容になったのではないかと声が聞かれた。

国際通貨基金(IMF)が4月に発表した世界経済見通しは2009年に0.6%減だった世界経済の成長率は、2010年に4.2%増に大幅増加するだろうとの見方だった。ところが5月、ギリシャの財政危機が欧州金融機関に信用不安のショックをもたらすと、世界経済は回復継続か二番底へ落ちるかの岐路に立った。米国の5月の小売り、失業保険関係の指標はそれぞれ予想より大幅に悪化した。住宅関係も大幅に落ち込んだ。世界的な景気回復には力不足であり、主要国の景気刺激が依然として必要との声も多い。採択される声明内容によっては、週明けマーケットは一時値動きが荒くなる可能性もあるので、くれぐれもリスク管理に気をつけて下さい。
スポンサーサイト
2010-06-27-Sun-09:27

6/28(月)のピボット&フィボナッチ

6/28(月)のピボットとフィボナッチです。画像をクリックすると拡大できます。参考レートは前日の高値、安値、NYの終値です。

2

3
2010-06-11-Fri-00:55

残像

今日も始まった。

昨日の疲れが手に残っている。

体を起こそうと、シャワーを浴びた。

いつものようにPCの電源にスイッチを入れる。
起動までしばらく、窓の外をぼんやりと。

ようやくPCの画面が立ち上がり、お気に入りを順序よく開いていく。

昨夜の出来事を拾い集め、ジグソーパズルのように場面を埋めこんでいく。

しかし、いつも、なかなか上手くいかない。

最後、面倒になるところをジッと我慢。

さて、どうするか?どの通貨を選ぼうか?

いや、その前に今日の戦略が大切だ。

それにしても、毎日よく動くものだ。ジッとしていることはない。

水は高いところから低いところへ流れる。投資も同様だろう。

重い体に鞭打って、今日もマーケットへ吸い込まれていくのだ。
2010-06-11-Fri-00:54

10日欧州市況

10日欧州外為市場は、円売り・ドル売りが優勢。
中国の全国社会保障基金理事長が、「ユーロは今年の急落要因となっているソブリン債務危機を乗り越えられる」、「債務危機下でユーロ相場が大きく変動することは正常なことだ」等の見方を明らかにした。ユーロ買いが強まり、ユーロの主要通貨に対して上昇。

NYダウ先物株価指数は前日比プラス圏に反発し、上げ幅が拡大し、本日の高値を更新。一方、英石油大手BPの債務保証コストが一段と上昇し、同社の株価が下落したことから、欧州株は一時前日比マイナス圏へ下落。

その後、欧州株の下げ幅が縮小し、前日比プラス圏へ反発したことなどを背景に、為替市場では、円売り・ドル売りが一気に強まった。ドル/円、クロス円、ドルストレートは本日の高値圏へ上昇後、揉み合いとなった。

しかしながら、本日、欧州中央銀行(ECB)の理事会を控え、次第に模様眺めとなった。

日本時間20時に英中銀は政策金利を現行の0.50%に据え置くことを発表した。また、資産購入枠は2000億ポンドで据え置きとなった。市場の予想通りだったことから、反応は限定的であった。
2010-06-05-Sat-00:56

円買い・ドル買い

えぇ!!
まさか、この指標後に、こんな値動きをするとは、誰も予想していなかった?
はず・・

カナダの雇用統計の発表後、カナダドルを中心にマーケットは反応した?

ところが、フランス首相が、現行のユーロ/ドルの水準に言及、
欧州株の上げ幅が縮小し、NYダウ先物株価指数は前日比プラス圏から反落し、マイナス圏へ下落。

何が起きたのか???
そんな中、ユーロ売りが進行。
それも鬼門のユーロ/スイスで。

誰もが、1.4000スイスフランでスイス中銀の介入を想定していた、はず。
それが、無い。

えぇ・・・
結果、ストップロスオーダーを巻き込み、下落、過去最安値を更新した。

梯子がはずされ、パニック!


円買い・ドル買い、スイスフラン買いへと発展!


その後発表された5月の米雇用統計は、FRBにとって朗報だろう。
失業率が予想より低下。

FRBの中で、タカ派にとって次回以降、文言の変更を可能性が高まったのではないだろうか?

中間選挙へ向け、内外にアピールできつつあるのではないだろうか?
やや作為的な感じがするのは私だけだろうか・



一方、ユーロの底値が見えない。
いろいろと噂が飛び交っているようだが、あえてユーロ安を望んでいるようにも思える。

真実はあとになって、あきらかになるものだが・・



今月は、そう意味で、G20会議が2回ある。
市場の混乱を引き伸ばすことにそろそろ手を打つのではないだろうか。


甘い蜜は、ほどほどに・・




そんなこと思う。




くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。




では、よい週末を。
HOME