--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-20-Sat-13:15

出口戦略に向けて

15-16日に開催された欧州財務相会合でギリシャの財政問題について具体的な支援策が出なかったことに加え、他のユーロ圏諸国も財政問題を抱えているのではないかとの懸念が広まり、ユーロは対主要通貨で軟調となった。

英国も16日に公表された英中銀インフレ報告の中で、「インフレ圧力の高まりは一時的で英中銀目標の2.0%を下回る水準に落ち着く」との考えを明らかにし、「必要に応じて緩和策の再開の可能性も残す」との認識を示した。

17 日に発表された1月の英失業率は5.0%と、1997年以来の高水準にとどまったままとなった。1月の失業保険申請件数推移も2万3500件増加と予想(1万件減少)よりも悪化した。同日、英テレグラフ紙が掲載した記事によれば、「英国の失業率の統計は英国経済が二番底に陥る」との懸念を表明した。

18日に発表された英国の1月公共部門ネット負債がプラス43億ポンドと、予想(マイナス26億ポンド)に反して純借入になった。市場では金融政策や財政懸念が台頭し、ポンドも対主要通貨で下落した。

今週、ドルは対主要通貨で底堅く推移した。18日、米連邦準備制度理事会(FRB)が公定歩合を25bp引き上げ、0.75%にすると発表したことから、出口戦略が早まるのではないかとの見方が広まり、ドル買いが一段と強まった。しかし、19日に発表された1月の米消費者物価指数(前月比)が0.2%、コア指数(前月比)がマイナス0.1%と、いずれも予想を下回った。コア指数(コアインフレ)の前月比マイナスは1982年12月以来、約27年ぶり。発表直後の反応は限定的であったが、コアインフレの低下でFRBの早期利上げが遅れるのではないかとの見方が広がり、金融引き締めへの警戒感が後退した。また、週末を控え、ポジション調整も入り、ドル売りへ傾斜した。

来週、月末の週を迎え、主要国の重要な経済指標の発表が予定されている。また、旧正月明けの中国市場の動向も気になる。いずれにしても、主要国の株価、原油、商品相場、要人発言等に左右されることも考えられる。くれぐれもご用心下さい。


今週もありがとうございました。
スポンサーサイト
2010-02-14-Sun-17:34

今週は?

15日に開催さる予定のユーロ圏財務相会合でギリシャ支援の具体策については協議しない見通しと、関係者が明らかにした。ユーロ圏財務相によれば、ギリシャに対し、これまでに示した財政赤字削減措置を実施するよう求める見通しで、提出されたことをすべて実行すればユーロ圏各国による救済は不要になるとみている。また、事が起きてからでも速やかな対応可能らしい。

しばらく、事の成り行きを静観するしかなさそうだ。一方、ドバイ・ワールドの債務再編をめぐる懸念が広まりだしたようだ。ユーロ圏や、英国にとって災難になる可能性が高い。

今週は、中国市場が旧正月で一週間マーケットが休場ということもあり、欧米の株式市場、主要国の経済指標、商品相場、それに上記の話題の行方を見ながら、クロス円、ドルストレート通貨の値動きによって、ドル/円の振幅が決まりそうだ!

くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。
2010-02-06-Sat-14:12

熟せば、腐る。そして、新しい芽が・・

5日、日本時間午後10時30分に米労働省が発表した1月の雇用統計で、失業率は9.7%と4ヶ月ぶりに二桁を下回った一方、非農業部門雇用者数は2万人減少と予想(1万5000人増加)をより悪化、前回分も大幅に下方修正となった。

発表後、マーケットは乱高下した。どう判断していいのか分からなかったのではないだろうか。しかし、米国の雇用問題は緩やかだが回復に向かっているとの印象を受けたことだろう。


これから、どこに投資資金が流れるのか、山高ければ、谷深し。

高かった商品、市場等の反動が起きる可能性もあるのではないだろうか。

その後、米国株市場の動向次第となったようだ。売りが先行しNYダウは1万ドルを割り込み、上値の重い状況。ヨーロッパの主要な株価もさえない。

ギリシャの財政問題から次の獲物を狙うかのように名指しされた国々が挙げられ、市場は週末を控え、G7が開催されていることなどから、一段とリスク回避姿勢が強まり、ニューヨーク市場終盤、NYダウを始めとする米国の主要な株価の下げ幅が拡大し、市場はドル買い・円買いが一気に進み、クロス円が前日の安値を更新し、ドル/円も88円台へ突入した。

その後、株価が一転して反発したことから買い戻しが入った。




2007年秋以降、サブプライムローン証券化を発端に世界的な金融危機の嵐に巻き込まれ、世界各国はG20を通して、協調してこの100年1度言われた危機を脱する努力し、2009年秋以降、徐々にでは有るが、景気回復への期待の芽が出た!


しかし、そのときの「つけ」を払わされる国々出てきた。急激に財政出動した影響で、国の収支が赤字。税収は落ち込み、頼る術は「国債」によるのみという寒い台所事情に。

今回のユーロ圏の出来事は、対岸の火事ではなく、すぐそこまで来ているのではないだろうか?

噂は早く、周りを傷つる・・・。

来週以降、より一層混迷の度合いが増しそうだ。


くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。
2010-02-02-Tue-08:46

なぜ、ドル売りなのか?

1日に発表された1月の米ISM製造業景況指数は58.4と予想(55.5)を上回り、2004年8月(58.5)以来の高水準。製造業の回復基調が裏づけられたことから米経済について楽観的な見方が広まり、欧米の主要な株価が上昇、さらに原油、商品相場も反発。市場でリスク選好姿勢が高まり、円売り・ドル売りへ。
さて、市場心理は本当に面白い。今回の米指標が予想以上の好結果だったとことからすれば、早期利上げ観測が高まり、ドル買いに傾斜してもおかしくないはず、先週までの流れであれば・・。それが、株高、商品相場の上昇を受け、ドル売りなるとは魔か不思議だと思う。
この辺、理解に苦しむのは私だけだろうか??
まだまだ、今週ビックなイベントが目白押し。どんな展開になるのか、分からない。
それにしても、不思議だ・・




2010-02-01-Mon-08:23

リスク・オフが続く

USD/JPY 90.14-17
高90.27/安89.93
EUR/JPY 124.96-125.00
高125.11/安124.59
GBP/JPY 143.67-73
高143.99/安143.40
AUD/JPY 79.61-65
高79.75/安79.16
NZD/JPY 63.30-36
高63.48/安63.02
EUR/USD 1.3864-66
高1.3867/安1.3856
GBP/USD 1.5936-41
高1.5958/安1.5940
※8:11頃の水準

週明けの東京市場早朝、ドル買い・円買いが強まり、ドル/円、クロス円、ドルストレートは先週末のNY市場の終値から軒並み下落。一時、ドル/円は89円93銭、ユーロ/円も124円59銭、豪ドル/円も79円16銭、ポンド/ドルも1.5940ドルまでそれぞれ下落し、その後、小幅反発したが、上値の重い状況。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。