--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31-Sun-13:16

リスク・オンからオフ、来月は?

明け早々、8日に発表された12月の米雇用統計で失業率が依然10%と高水準のままとなった。このことから、米国の早期金融引き締め観測が後退し、ドル売りへと拍車がかかった。しかしながら、12日中国が銀行預金準備率の引き上げを発表したことから、景気回復が鈍化するのではないか、また、今後も金融引き締め政策を強化するのではないかとの見方が急速に広まり、株価は下落、原油や商品相場の軟調。次第にリスク回避姿勢が強まり、円買い・ドル買いへ傾斜した。そして、市場の流れが変わった。


その後、22日オバマ大統領が新たに金融規制改革案を発表した。その中で、「大手金融機関の規模と取引慣行に新たな制限を設定」、「自己勘定取引に関連する銀行のヘッジファンド所有・投資の制限」、「金融システムは1年前より改善、ルールは強化されるべき」等の大手金融機関の規模と取引慣行に関する新たな制限を提案したことが明らかになった。同案をめぐって、仮に規制が導入されれば、銀行の利益が制限されるのではないかとの見方が広まった。さらに景気見通しの不透明感が強まったことなどから、マーケットはリスク回避の動きが鮮明となった。一方、ユーロ圏はギリシャの財政問題が根強い上に、新興参加国も懸念されだし、第2通貨として、いや米ドルに代わる通貨になるかも知れないと思っていただけに市場の落胆も大きいようだ。しかし、ゆるやかな調整をしているのかもしれない。



早いもので1月も終わろうとしている。市場では、全般的なトレンドはリスク回避との見方が強いとの声が多い。景気回復が持続的なのかについて意見が分かれる中、来週1日に1月の米ISM製造業景況指数、3日に12月の米中古住宅販売件数、4日に1月の米非ISM製造業景況指数、5日に1月の米雇用統計等が発表される予定。市場は、その結果に注目している。また、2/5-6日で行われるG7での声明や要人発言に注意したい。



くれぐれもリスク管理、ポジション管理に気をつけて下さい。
スポンサーサイト
2010-01-29-Fri-09:09

リスク・オフ!!

28日のニューヨーク市場は、前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明で景気判断が上方修正されたのを受け、ドル買いが優勢となり、その後、オバマ米大統領の一般教書演説の内容の抜粋で金融規制に触れていなかったことへの安心感から一段とドル買いが進行。リスク許容度も改善、アジアの主要な株価が上昇した。クロス円を中心に再び上昇したアジア・欧州市場。しかし、ニューヨーク市場を迎え、落とし穴にはまった。12月の耐久財受注や新規失業保険申請件数が市場予想を下回ったことなどから、NYダウや他の米株価指数が軒並み下落。NYダウに至っては、一時前日比180ドルを超す下げ、10055ドル台を付けた。また、格付け機関が英国についてリスクの少ない銀行システムをもっている国ではもはやないとの見解を示したことから、ポンドは対主要通貨で急落。この影響で、ユーロ/ポンドでユーロは持ち直した。依然、ユーロ圏もギリシャの財政問題が尾引き、ユーロの重石となっている。

今月も終わろうとしている。

8日に発表された12月の雇用統計で、非農業部門雇用者数は8万5000人減少と予想(±0万人)より悪い内容となった。失業率は10.0%と前月と変わらなかった。
このことから米国の早期金融引き締め観測が後退し、11日にブラード・セントルイス地区連銀総裁が「米金利は長期間、低水準にとどまる可能性がある」との見方を改めて明らかにしたことなどから、週明けの東京市場はドル売りが進行した。

しかし、12日に中国の銀行預金準備率の引き上げが発表されたことから、中国を軸とする景気回復が鈍化するのではないかとの見方が広まり、株安、原油安、商品相場の下落等を背景に、リスク回避姿勢が強まり、円買い・ドル買いが進行した。

13日、センタンス英MPC委員が「英中銀は利上げを検討する可能性もある」と発言したことが伝えられ、ポンドは対主要通貨で上昇。

 14日にトリシェECB総裁が記者会見で「強いドルは重要」、ユーロ相場について、「強いドルに関するFRB議長のコメントは重要」等の見解を示し、ギリシャについて、「特定の国のために担保ルールを変更することはない」、「ギリシャが発表した計画、注意深く検討していく」等の考えを明らかにした。ギリシャの信用不安が根強く、ユーロは対主要通貨で軟調。

18日からの週を迎え、本格的な2009年10~12月期の米企業決算が始まった。金融機関の決算が予想よりも悪化したことや、21日「中国人民銀行(中央銀行)が、一部金融機関に対し、過度の貸し出しに対する懲罰措置として預金準備率の0.5%ポイント引き上げを命じた」と複数の関係筋が中銀データを引用して伝えた。

同国の銀行当局は、年初来活発化している融資状況に歯止めを掛けるためとの見方が大勢。市場では、中国の融資抑制政策によって、景気回復が鈍化するのではないかとの懸念から、リスク回避姿勢が顕著となり、ドル買い・円買い・スイスフラン買いが活発化した。

そして、22日オバマ米大統領が、「大手金融機関の規模と取引慣行に新たな制限を設定」、「自己勘定取引に関連する銀行のヘッジファンド所有・投資の制限」、「金融システムは1年前より改善、ルールは強化されるべき」等の大手金融機関の規模と取引慣行に関する新たな制限を提案したことが明らかになった。


あらゆる市場は萎縮し、リスク回避の動きが一気に加速、株価は下落、原油や、商品市場も軟化。


そして、今月を終わろうとしている。リスクを取りたがらない。
そんな印象を受ける。


27日にFOMCの声明が公表され、景気回復への見通しが上方修正されたのと見方が広まったものの、最新の米経済指標のデータは予想よりも悪化している。このことは、先行きに対して不安材料であり、決して明るい材料にはならない。

いよいよ来月、1月の米雇用統計を迎える。厳しい内容
になるのか、わからないが、荒れそうだ!そして、カナダで2/5-6で開催予定のG7で、為替が討議されれば、それは人民元の可能性が高いのではないだろうか。

用心した方がよさそうだ。

くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします。
2010-01-27-Wed-09:09

イベント待ち

ニューヨーク市場の時間帯にオバマ大統領一般教書演説、FOMC政策金利、12月の新築住宅販売件数等の重要なイベントが予定されている。市場では、オバマ大統領が演説をすると株価が下がるとのやや因果関係でもあるような噂も出ている。先週、新たな金融規制改革案を発表した後だけに、発言内容に注目が集まっている。一方、FOMC政策金利については、市場予想は据え置きとの見方が大勢。それよりも声明文で、前回分から新たな出口戦略に向けたヒントがあるのかどうかに関心が高まっているようだ。それまで、様子見ムードになる可能性も考えられる。くれぐれもリスク管理に気をつけて下さい。
2010-01-07-Thu-08:46

本日のピボット&フィボナッチ

おはようございます。以下、ピボット、フィボナッチの順番です。それぞれの画像をクリックすると拡大できます

ピボット
201017.png

フィボナッチ
201017-1.png
2010-01-06-Wed-08:44

本日のピボット&フィボナッチ

おはようございます。以下、ピボット、フィボナッチの順番です。それぞれの画像をクリックすると拡大できます

ピボット
20100106.png

フィボナッチ
20100106-1.png
2010-01-01-Fri-21:03

2010年1月4日のピボット&フィボナッチ

以下、ピボット、参考値、フィボナッチの順番です。それぞれの画像をクリックすると拡大できます
20100101.png
201001011.png
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。