FC2ブログ
2008-04-17-Thu-21:12

一晩経てば、違う表情へNY

こんばんは。
もしかしたら記録的な大雨になるかもしれないこの週末。
マーケットは米系企業決算に右往左往。

ほころびを見つけても、なんとか縫い合わせ見栄えよくと言ったところだろうか。
日本時間午後7時半過ぎごろから発表された米メリル・リンチの第1四半期の決算は予想を下回るが、今週目立つ増資計画で難を逃れているようだ・・。


円売り・スイスフラン売りが目立っているNY市場の直前。
ポンドは英住宅金融対策への期待で主要通貨で買い気配!!

逆にユーロは、売り気配!!
なにやら様子がおかしいようだ・。


このあとの米失業保険申請件数や他の経済指標等、また本格的に午後10時半から始まる米株価の値動き次第か?
昨日、異常な上昇で終わった分、利益確定の動きがありそうな気がするが・・・。




一本調子で動くほど市場は簡単ではないでしょう・・。
なにやらユーロ圏も不穏な動きへ・・。
口先介入のような発言も、
そんな気がする・・。





では、またのちほどう・・。
スポンサーサイト



2008-04-17-Thu-07:07

ピボットとフィボナッチです。08年4月17日木曜日分です。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
こちらは、ピボットです。

前日の一日を通しての、高値の買い・安値の売り、そしてニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。

下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
17pi.png



これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。





下記のフィボナッチはピボット同様、前日の高値の買い・安値の売り、
前日のニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
17fi.png
2008-04-17-Thu-06:52

想ったほどの動きにならず・・。

おはようございます。

いつも遅れてしまう。

今回も終盤も引け間際に米株価が一段と上昇しだした。

変だなと思っていたら、午前5時過ぎ注目の米IBMの決算発表がフラッシュで出た!!
地理的な条件もあり、不利だと思う。
その結果、さらにドル売り・円売り・スイスフラン売りが加速した。

スイスフラン円は、なんと1991年2月25日以来の高値を更新、101円93銭。


相次ぐ米企業の業績は、そこそこ手堅く伸ばしそうな印象だが、数字は数字の世界いくらでも寓話を作りだせると個人的には思うのだが、こんな早く決算だすことに意味があるのだろうかと・・。

いずれにしても長いものにまかれないと動けないから・・・。
これで今夜のNY市場にとって株価の買い支え材料となるだろう。



弱い・悪いと思い込んでいた米経済に対する見方。でも、意外とそうでもないとの想いが頭の隅にどっかりと住みだしたのかもしれないが・・・。

でも、ドル売りも円売りもそれ以降強まっていない。
慎重な動きというか、
神経質な展開のようだ。


誰かが仕掛けてくるのを待っているのかな?
上値はちょっと重いようだ・・・・。



今週は、米企業決算発表の週。
このイベントに左右されるのはしょうがないようだ。


ただ、本当に大事なことを見失わないようにしないといけないと想う。

大事なことは、見えないから・・・。


2008-04-17-Thu-04:13

いや、どうなっているのやら・・。

おはようございます。

ドル円の上値は異常なまでに重いと印象を受けるNY市場での動き。
しかし、ただ単に重いだけなのか、それとも興味がない通貨なのか、疑問・・・。


安心、
楽観、
思ったほど悪くないじゃん、騒いでいるほどで傷んでいない米経済・・、etc。
そんな声が聞こえてきそうな今日のNYの動き。


米株価は始まりこそ不安定な動きを見せ、ヒヤッとしたが、その後は順調な上げ幅一時プラス211ドル高!!

減益しているのになぜか、市場は安心と判断!
昨日の米インテルの結果やワシントンミューチュアルの結果も好感されたようだ。

そして、NY市場の始まる前に発表された米JPモルガン(ベアースターンズの買収を発表さしているので注目大!!)は50%の減益、評価損・引当金51億ドル。でも利益予想が市場予想を上回って買い。

ウェルズ・ファーゴも11%減益ながら純利益は予想を上回り買い・・。


正直なところでは、米コカ・コーラーが19%増益に反応するのならわかるが・・。


米株価が安定して高値圏で推移していることが、保険なのかドル売り・円売り・スイスフラン売りが際立っているNY。
ただ、ポンドは相変わらず低迷している。



米地区連銀経済報告書も米経済は弱ってきたと、不動産と個人消費の低迷で。
ある部分、この辺の内容が今後のヒントになるかもしれない。


商品相場も大幅高で引けた。
NY金先物は、この間までのような勢いはないが順調な上げへ。
16.30ドル高の948.30ドルで引けた。

また、原油は在庫統計の減少もあり一段と熱が高まってきたようだ。
一時115.07ドルの過去最高値を更新したが、結局、114.93ドルと1.14ドル高で引けた。





米株価は異常なほど底堅いのか・・?



正直、よくわかりません・・・。






2008-04-17-Thu-02:35

株高を背景に・・。

こんばんは。

ドル円の上値は相当重いのか102円が遠い彼方になってきました。
一方、ユーロは対米ドル、ポンドで導入後史上最高値を更新。
なおも高値圏で推移。

今日もアジア圏の金融政策の変更を受け、一時アジア通貨買いが強まったが、それを打ち消すかのようなユーロ圏の3月の消費者物価指数の強い数字にユーロ買いに動きをかき消されたと思う。なんと約16年ぶりの高い水準。
ユーロは対米ドルで、1.59ドル台にのせるとキープ、持続、そして遂に1.60ドルも間違いないのかと思わせるが、そう簡単にいっては困る。
調整はつき物だ・・。



昨日の引け後に発表された米インテルの決算もまずまず上々!!!
本日のNY市場の朝方発表された米JPモルガンやウェルズファーゴの決算も減益ながらも市場予想と一致で株価を再度押し上げる材料へ!!

業績悪化と思っているところへ、まずまずの結果から思考の発展へ。
米経済は思ったほど、痛んでいないのではないか・・。
不思議な安心感を市場は感じ取ったのかもしれない・・・


よくわからないが・・・。

急激な動きには、反動がつきもの。
安易な安心は、禁物かと思います。



下記はユーロドルの日足とユーロポンドの日足です。
17yuro.png


17pon.png
HOME