FC2ブログ
2008-04-02-Wed-21:16

長くは続かないNY

こんばんは。
そろそろNY勢の早出が顔を覗かせる頃・・・・。

欧州株や米先物株価指数とも方向感に乏しいようだ・。
昨日の大幅高に対する警戒や利益確定の動きはあるのでしょう。

それにしても、“日本離れの円売りは強まるばかり”。
これも政治混乱を支えにしているのか?

海外から見れば、不思議な国とさらに印象を強め、G7に入っているのもどうかと思われているのでは・・。
いや、もうすでに蚊帳の外でしょう・・。


米財務省の偉い方は、FRBの強化を打ち出すが、米経済のおかれている状況は困難、住宅市場は低迷と。
どこか矛盾を感じつつ、昨日米ドルの買い戻しはどこかへ。

欧州時間から米ドル売りが目立っているようだ。
これで、米株価の下落が加わるとドル円を始め対円相場は上値の重い展開になる可能性もあるだろうが、始まってみないことにはわからない・。

バーナンキFRB議長の発言も今日と明日の両方を聞いてみないとわからない・。


投資資金の回収・投資先をめぐる動きは、いつもより早く、乗り遅れると大怪我しそうだ・・。


商品相場の動きにも用心したい・・。


では、のちほど・・。
スポンサーサイト



2008-04-02-Wed-18:36

余韻を残して今夜、再び!

こんばんは。

東京時間は動けずと言ったところでしょうか。


午後2時ごろから動意へ!!

欧州勢がアジア株高や損覚悟のドル買いを仕掛けたようだが、午後4時ごろ、一転!
主要通貨でドル売りへ方向転換か!?
ユーロドルは一時1.5530-35ドル付近まで急落。でも、昨日もそうだが、思ったほどうユーロ売りに至らないようだ・・・。急転!!1.5650-55ドル付近へ。100ポイント以上の戻し。
金先物も一時の安値から買戻しが強まっているようだ・。


スイスフランは主要通貨で動意が薄いようだ。
投資先に今のところ危険は、無いようだと判断しているのか?


午後9時15分の米ADPの雇用者数の発表。

午後22時半からのバーナンキFRB議長の議会証言が始まる予定。明日もあり、前回も同じように2日間にわたり証言があり、マーケットを混乱をきたしたことがあった。

油断できないでしょうね。


今日の米株価、利益確定の売りが入りやすいでしょうか?

NY市場の朝方に集中する動き。午前零時まで目が離せないだろう。
その時まで・・。
下記は金とユーロドルの5分チャートです。
2gold333.png


2008-04-02-Wed-06:25

ピボットとフィボナッチです。08年4月2日火曜日用です。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
こちらは、ピボットです。
前日の一日を通しての、高値の買い・安値の売り、そしてニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
2pi.png


これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。




下記のフィボナッチはピボット同様、前日の高値の買い・安値の売り、前日のニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
2fi.png



2008-04-02-Wed-06:23

円離れのNY

おはようございます。

予想外の円売りでしょうか、それとも想定された円売りでしょうか?


あとづけならいっぱい書くことができるのではないでしょうか。
昨日の米リーマン・ブラザーズの増資計画、損失拡大ながらもその増資計画を好感されたUBSなど、
金融株を中心に株価を押し上げへ。


3月の米自動車販売は、米自動車会社を中心に販売台数が減少。
逆に日本の自動車会社が販売台数を伸ばしているところもある。
この辺も話題に上らなかったが、どうでしょうか・・・。


相次ぐ欧米金融機関の増資。
ただ、増資すればいいというものでもないと思うが・・・。
今月末のFOMCでの追加利下げ幅もやや後退とか・
楽観なムードに包まれたNY市場。

でも、災害は忘れたころにという諺もあるように、そう簡単にいかないと思うのだが・・。


急激な円売りに利益確定の売りも入りやすいのではないかと思う。
ドルの買い戻しが朝方強まったが、後半はドル売りも見られ、なかなかままならないようだ・。
それにしても、NY金先物の大幅下落が物語っているのはなんだろうか?
今日も▼33.70ドル安の887.80ドルで引けた。




結局、円離れのNYだったと思う。


さて、目先は。
この株高をアジア圏の各市場が生かしきれるかどうか。
日中は、様子見が強まりそうだ。

欧州勢の参入の午後2時ごろから少し方向が見えてくるかもしれないが・・。
思い込みは禁物だろう・。

あとは、NY市場の朝方だろうか。



2008-04-02-Wed-04:38

08年3月の市場データ。

こんにちは。
ご興味のある方だけ、「続きを読む」をクリックしてください。

3月の個人的にピックアップしている国の株価の終値、NY原油の終値、NY金先物の終値、
米債30年の利回り、CRB商品指数の終値です。

赤字は前日比で下落したもの。
黒字は前日比で続伸したもの。

それぞれの欄の中の数字は幅です。
2008-04-02-Wed-02:58

ダウ好調、ドル買い/円売りへ

今週のNY市場は朝方からよく動き回る。
欧米の金融機関の評価損の拡大は、周知のこと。
それもさらに膨れあがる可能性は否定できない。
でも、待てよ。

いくら投資で商品市場に資金が流れても、その背景のとなる裏づけがなくなると国が弱ってしまったら、そう、投機で終わってしまう。
バブルだ!!
まずい。

3月のFOMC以後、先週一週間かけゆっくり、コトコトと煮詰め、練り上げたのか?

今週はドルの買い戻しが強まりだした。
しばらく、この流れかもしれない。

4月の14日からの一週間米系金融機関の決算を迎えるまで・。

株価へ投資資金が流れ出したのかも・・。
発表される米経済指標は3月のものが多い。
すでに悪材料として、織り込み済みだろう。
そう、驚くことはないとね・・・。

今日も発表された3月のISM製造業景況指数の結果は48.6。
内容は下記の通り。
2008-04-02-Wed-01:04

ドルの買戻しへ、流れが変わる

こんばんは。
なんともないような日々の中にある出来事を拾い上げ、結びつけてさも正しい方へか?

昨日のNY市場において、米住宅ローン会社ソーンバーグの増資の件やNYダウの引け後に発表されたリーマンの増資の件など米株価を押し上げる複線はあったのだろう!!
取引開始からNYダウは上げ幅を拡大、一時プラス280ドル高!!

円売りを推し進める下地を確保。

そして、決していい内容ではないが市場参加者の多くが悲観していた3月の米ISM製造業景況指数:48.6(予想:47.5、前回:48.3)。

おぉぉぉ!
思ったほど悪くないじゃん(判断基準の50を割っていても、いいと判断されてしまうのは情けないが・・・。)
ドル買い/円売りを呼び込み、炸裂!!

エネルギーが放出!!


ロンドン・フィキシングも終わり、早めの利益確定の動きも見られたが、底堅いようだ・・。

ユーロドルは思ったほどの下落に至っていない。
原油は下落、
金も下落、でも下げ止まっているようだ・。

一過性か。

その判断は難しい・・。


HOME