FC2ブログ
2008-03-04-Tue-21:11

揺れ動く欧米・。

こんばんは。
日中、豪州の政策金利の発表の揺れたようですね。
マーケットの予想通りの利上げ。
でも、この辺が面倒なことに、豪州中銀の声明文を受け、今後の状況判断において
インフレ姿勢の後退、金利が目先一段と上昇する可能性が低下したとハト派と受けとめられ、
失望売りや利益確定の売りが殺到!!!



アジア時間の豪州のイベントをはさみ、方向感のつかめない動きになっているようだ・。
あの昨夜のISM後の動きが、解せない・・。
後付のマーケットの理由。
予想より若干でもよければ、いいと・・・。


毎回、思う・。
理由はない。
常に不確実との戦いなのだろう・。
動きだした方についていくしかないのだろう・・。


出だしたの欧州序盤は、小動き。
しかし中盤に入ってからは、ユーロ買い・スイスフラン買い・円買いへ傾斜!
リスク回避が進むようだ・。
不安だ・・・。


道先案内には、ないから・・・。



さて、今夜カナダの政策金利の発表。
追加利下げをマーケットはすでに予想しているが、
その利下げ幅で、揺れている・・。
0.25%~0.50%らしいが、個人的には0.25%~0.75%の幅も・・。






言葉:
昨夜から急にユーロ圏が口をそろえてリップサービスが始まったようだ。
ECBとFRBとの中で、密約でもあるのかも・・・。
ユーロが少しでもこけてくれれば・・。
一時的でも、ドル安が止まれば・・、か・。


方向感はない・。
そう思う・。

スポンサーサイト



2008-03-04-Tue-13:15

2月の主な株価の終値とNy原油、NY金先物等の終値・。

こんにちは。
ご興味のある方だけ、「続きを読む」をクリックしてください。

2月の個人的にピックアップしている国の株価の終値、NY原油の終値、NY金先物の終値、
米債30年の利回り、CRB商品指数の終値です。

赤字は前日比で下落したもの。
黒字は前日比で続伸したもの。
それぞれの欄の中の数字は幅です
2008-03-04-Tue-07:15

ピボットとフィボナッチ、08年3月4日火曜日用です。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。こちらは、ピボットです。
前日の一日を通しての、高値の買い・安値の売り、
そしてニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

0834pi.jpg

これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。

ご注意してください。



下記のフィボナッチはピボット同様、前日の高値の買い・安値の売り、前日のニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

0834fi.jpg





2008-03-04-Tue-04:02

こう着感漂うNY

おはようございます。

毎回、不可思議な動きに、目が、点・・・・。

だって、2月の米ISM製造業部門景気指数は48.3と、イラク開戦後の2003年4月に46.1をつけて以来の低水準となった。雇用や新規受注などの低下が響いた。
前月は50.7。
ですよ、それがなぜかドルの買い戻しへ・。


発表後、トリシェECB総裁の強いドルは米国の利益って応援!
でも、ちょっと自分達が主役じゃないときに、そうしたいと思っていたのに、
先に大きく動いたのが気に入らなかったのかも・・。


NY市場の午後は、小動き・。
先週のような荒々しい動きは今のところ兆候はない。


でも、このまま素直に終わるかなぁ・・。


商品市場は今日も高値を更新している。
NY銅市場は、終値ベースで、1ポンド=3.9285ドルと過去最高値!
NY金先物も、1オンス=984.20ドルと続伸して引けた!。
弱い米ドルが続き限り、1000ドルもあるとか噂・。


原油は、OPEC議長の据置きか減産の可能性を示唆の発言。
それ以前から103ドルに上昇!
いやぁ、困った。
税率の問題より生活が厳しくなる。
負の連鎖は早いから・・。
もう、感覚がずれているのだよ、庶民と・・・。









2008-03-04-Tue-02:08

どうなっているのNY

こんばんは。

予想外のドルの買い戻しと円売り!???
この辺が難しいところでしょうか・・。

日本時間午前零時・。
2月の米ISM製造業景況指数の結果、48.3(事前予想:48.0、前回:50.7)。

先週までの弱気のマーケットならば、米ドルの売りとなるはず・。

そう、ユーロドルを始め対米ドル相場はその動きを示していた!
だが、なんと・・。

言い訳か、新しい解釈か・・。

景気後退の局面にあらずと・・。
そんなに慌てることもないよと、米ドルの買い戻しを急加速!

あ・ら・ま。


ドル円は個人的な目先のターゲット、103円50銭まで回復。
逆にユーロドルは、発表時ごろに高値1.5275ドルと最高値を更新!!

なのに、一気に急落。1.51ドル後半へ!!


まるでジェット・コースターだ!

ドル円を始めクロス円は、下値を切り上げ底堅いような、動きをみせているようだが・・。

だましか・・。

それにしても、値を戻し始めると買うことを考えるのだろうか?
現在のポジション管理が悪い状況なのに・・。

私は逃げることばかりだが・・・。


さて、今週は何が起こっても不思議ではないと思っているので・・。


HOME