FC2ブログ
2008-01-23-Wed-21:30

立場の違い・。

こんばんは。

アジア時間と違うティストの欧米時間。
ヨーロッパ各地の株式市場は、売り気配・・。
軟調のようだ・。
欧州の金融機関も一蓮托生だからね・・。対岸の火事ではすまない・・。
明日は我が身・・・と言ったところだろう・・。

3月末まで波乱だろう・。


難しい金融用語に目が回る・・・。
複雑だ・。
貸し手と借り手、預ける人と借りる人・・、と単純なことだと思うのだが、
金融工学が発展し、派生商品の山・・。
その行く先は・・?


これだけ動く相場・。
もう、テクニカルよりファンダメンタルズよりも、流れ・。
市場の流れ・。
過去から今までの流れ・。

米国が変れば、よくなるだろうに・・・・。
昨年のように中央銀行が結束して、信用混乱の収拾に動いたら、と思ったりして・・。



あくまでも個人的な感想ですので・・。
最終判断は、ご自身で・・。
スポンサーサイト



2008-01-23-Wed-19:06

さて、如何に?

こんばんは。
今朝は、雪が舞っていました・。
明日以降の冷え込みが厳しいようですので、そちらの方が気になります。

さて、不安を残すNY市場を受けて始まったアジア各市場は、歓喜の嵐か・・。
香港ハンセン指数は、10年ぶりの大幅な上昇。
でも、手放しで喜べないと思う・・。

処方箋が見つからないのが、現状だろう・・。
今までのやり方・方法では、対応が遅れ出るだろう・・。
商品が、金融工学を駆使して次々生まれ、それに対応手段は、後日後回し・・。
現象が現れてから、慌てて対応・・。
でも・。

さて、英国の4Q-GDP速報値は予想より良いようだ。
気にしているドルのインデックスは、また下降しだした。

今日が正念場・・。
23indx.jpg
2008-01-23-Wed-19:06

sate,

こんばんは。
今朝は、雪が舞っていました・。
明日以降の冷え込みが厳しいようですので、そちらの方が気になります。

さて、不安を残すNY市場を受けて始まったアジア各市場は、歓喜の嵐か・・。
香港ハンセン指数は、10年ぶりの大幅な上昇。
でも、手放しで喜べないと思う・・。

処方箋が見つからないのが、現状だろう・・。
今までのやり方・方法では、対応が遅れ出るだろう・・。
商品が、金融工学を駆使して次々生まれ、それに対応手段は、後日後回し・・。
現象が現れてから、慌てて対応・・。
でも・。

さて、英国の4Q-GDP速報値は予想より良いようだ。
気にしているドルのインデックスは、また下降しだした。

今日が正念場・・。
23indx.jpg
2008-01-23-Wed-07:16

ピボットとフィボナッチです。08年1月23日用です・・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。こちらは、ピボットです。
前日の一日を通しての、高値安値ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
23pi.jpg


これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。


下記はフィボナッチです。
ピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

23fi.jpg
2008-01-23-Wed-06:30

やはり、失望かな・・。

おはようございます。

静かなNY市場の終盤をむかえようとしています。
米株価は終始マイナス圏を脱することなく、軟調地合いを継続中。


ビックな、遅めのプレゼントもあまり功を奏さなかったNY市場・・。
ぬかに釘、
暖簾に腕押しか・・・、
張り合いがない。

正当化の意見は聞かれるが、FOMCのボードメンバー全員の意見ではない。
政治的な圧力もあったのかなぁ、個人的には思ってしまう・・。
そんなことはないだろうが・・・。



週をはさんでの動きは変なの・。
アナリストや金融当局者の発言が、増えてきた。


クロス円を中心にますます混迷か・・・。


引け際、キング・英中銀総裁のコメントもでるが、いまひとつ的を得ない・。
偉い人の考えていることは、回りくどくて私の頭で手に負えないようだ・。
一体、英国の景気は、いい方向へ向うのか、それとも後退なのか?



ユーロと米ドルの金利差がついに逆転へ。
2004年11月以来とのこと・・。


さて、日付が変わり、最初に豪州の経済指標が予定されている。
消費者物価指数だ、数字次第で動意を催すことになるだろう・。
あとは、今回のFRBの金融政策をアジア各国の市場に投資をする投資家が、どう判断するかが目先の材料か・・・・。

お疲れ様でした・・。
はぁぁぁ・・。
ふぅぅぅ・・。





2008-01-23-Wed-03:12

答えは・・。

こんばんは。

電光石火・。今回の行動が金融市場にどのように受け入れられるか、
正直わからない。

米国の金利低下・。
G7の中で下から3番目の金利・。

NY市場、午後1時になろうとしている。
米株価は、乱高下を繰返している。引け際から薄くなる市場の時、為替市場を狙った動きに要注意。
行き過ぎた動きに対する反動か、円売り・ドル売りが断続的に継続中。
依然ほど株価との相関関係は、ないようだ・。

どうも為替どころではないようだ、ニューヨーク勢!


さて、来週のFOMC。
日本時間1月31日午前4時15分発表予定・。
市場はさらなる追加利下げを予想している。0.25%の連続利下げ!!!!


年度末まで、まだまだ乱高下はあるだろう・・。
チャンスもあるが、胡坐をかいていると手痛い目にあうだろう・・。

昨日のホームランでは、今日は勝てない・・。
誰か有名な方の発言より・・。


では・・。
雪の朝と聞いているが、まだのようだ・・。
冷え込んできた・・。



一番、シンプルな為替市場。
インサイダーの入る隙間ない。
情報の過多と選択の力、
リスク管理。
ポジションを持ってからが大切。
持つまでと、持ってからでは、感情・心理状態が大きく異なるから・。


2008-01-23-Wed-00:52

失速しなければいいが・・。

こんばんは。
宴会が始まってしまった。
前倒しで、それも大きな杯を上げて・・・。


本当にいいのだろうか?
結果がでるには数ヶ月先だ・・。

欧州株式市場は、好感しているようだ。
日本時間午後10時半ごろ発表。
緊急会合、FOMC。
FF金利0.75%の利下げて、これで3.50%になった。

時間の経過を経て、欧州株はプラス圏へ反発・。
米国株は、なんとか反発している。

円売り・ドル売りになりだしているが、
どうも、
ねぇ・・・。


試されるNY市場か・・。
HOME