FC2ブログ
2008-01-05-Sat-18:00

どうすればいいのか?

こんにちは。
昨晩は荒れ模様の展開だったようですね・・。
「のようですね・・。」と言う表現は、私は風邪でダウン・・。
早々と布団へ・・。見ていなかったので・・。

久々につらい思いをしています。

さて、びっくり!!!
昨年12月の各方面のコメントとかけ離れた年明けの相場模様・・。

一体全体、これは何???
どうしたの?
相場を見ていなかった人にとって寝に身に水・・。

ニューヨークダウが夏以後、たいした調整も受けず1万3000ドル台を維持??
ちょっと不思議だった。後付ですが・・・。

あれだけ、金融機関の決算が悪く、住宅市場の鈍化、12月のクリスマス商戦も女性の買い控えのニュースにも、耳を傾けず。北米の事情は悪化と良い話はなかった。また、悪い米経済指標には無反応・・。
さも、利下げ観測は後退・・。
12月特有の事情によるドルの手当てで米ドルが強くなりだす・・。

断続的にドル売りが進む中、ポジション解消・。
自由に動けるようになっていた市場参加者の多く・・。

さて、今週のクライマックスへ・・。
日本時間4日午後10時半、12月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が1万8000人増と予想を下回ったほか、失業率が4.7%から5%へ上昇し2年ぶり高水準。
あっけなくドル円は107円台をつける。
NYダウも▼256ドルの急落!!


この週末、ジュネーブで行われる国際決済銀行(BIS)定例中央銀行総裁会議ジュネーブで行われている。各国の中央銀行総裁の発言も要チェック。

引き続き、ドル軟調地合が続くと思われる。テーマは、サブプライム関連ニュースや株価動向、米連邦準備理事会(FRB)幹部らの要人発言、米経済指標などだろう。
また、ECBやBOEの政策金利の発表も予定されており、心理面での綱引きがありそうだ・・。

原油高でインフレ懸念が抜けきれない・・。
悩ましい相場が続くと思うのだが・・

今年前半は、米国や欧州中心の話題かと思われる。後半からは、中国かなと思っています・・。
スポンサーサイト



HOME