FC2ブログ
2008-01-03-Thu-14:14

これから先・。

こんにちは。
アジア市場は朝方を除いて小幅値を回復し、小康状態に入った・。
目立つところでは、スイスフランへの逃避でしょうか。

対米ドルでは、1.12スイスフラン半ばから一時1.11半ばへ。今日になってからは
1.1180スイスフラン前後で推移。
対ポンドでは、2.2285スイスフラン付近から2.20スイスフラン後半へ急落し、
2.2160スイスフラン近辺で揉み合い。
対ユーロでは、1.65スイスフラン前半から1.6430スイスフラン近辺まで急落し、
1.6455スイスフラン近辺まで戻し、揉み合いとなっている。
対円では、98円後半から97円後半へ、一時97円半ば。そして、97円後半へで揉み合い・。

どうして、この通貨へこれだけ投資資金がシフトするのか?
金利差だけではないようです。
永世中立国のスイス・。

有事のときの避難先、など・・。


さて、悩ましい問題がマーケットを覆い始めたと思います。
原油高です。一時1バレル=100ドルをつけた・。時間外取引でも99ドル台を維持。
エネルギーコストの上昇、あらゆる場所に波紋を投げか、遂にインフレ懸念の台頭という金融当局者の頭を悩ます問題へと発展・・。


午後に入ってから、アジア各国の株価が下げ幅を縮小し、
米先物株価指数もプラス圏で推移。上昇幅を確保・。

全般に行き過ぎに警戒感もあるのか、日中の高値圏に反発している!!


安心はできないが、ひとまず胸をなでおろす・・・・。
ふぅ・・・。
時間の経過とともに模様眺めへと入ってきた。
コーヒーブレーク・・・。


さて、目先、欧州勢の出方だろう・。俄然、力が入るだろう
下値トライをするか、
上値トライをするか?


そして、3日続けてニューヨークダウが下げ続けるか、それとも買い戻しとなるか?
新たな材料を探しだして・・・・。
それに今日の米経済指標も重要・。


                                      
今日もこの辺で・・・。
どうもいかんです。鼻が詰まって・。
思うように働きません・・。
スポンサーサイト



2008-01-03-Thu-13:20

どこまで本当か・・。

こんにちは。
一夜明け、朝方ニューヨーク勢の伏兵が残る中、下値トライをしたが、警戒感からか深追いはせず・。
ひとまずが様子見へ・・。

相変わらず米先物株価指数の動向が鍵を握っているようだ・。
前日比:+21から+16近辺へ下げるとリスク回避の動きをみせだし、
午後に入って、+28へと上昇しだすと、円売りへ少しづつ傾斜・。

しかしながら、円売りも急激だった分、円買いも急激だと思われる・・。

ドルインデックスも、折角ドル買いになった流れがプッツと途切れた・。
ドル売りへか?

米国の金利引き下げも秒読み4.00%はすぐそこ・。
また、3.50%までも視野に入りだしているようだ・。

FF金利も重要ですが、
米30年債等それに匹敵する重要なインジケーターも見逃さないほうがいいようです。


無題

上記画像は、ドルインデックスの日足、21日線、60日線、90日線を加えました。
2008-01-03-Thu-09:24

驚いた!!!

おはようございます。
まだ新年気分の中、あれ!?
何が起きた??

昨年クリスマスにかけ円売り、高金利通貨への投資。また、ドル回帰の動きを見せていた・。
誰もがハッピー!かと思っていたのかもしれない・。

しかし、大晦日から前兆はあった・。
昨日、欧州勢は果敢に上下を攻め、力果てた・。

そこへ、ニューヨーク勢の登場!
米株価は、売り気配が続く・・。

そこへ、日本時間午前零時発表の12月の米ISM製造業景況指数の結果が
予想値より下回り、またその内容の製造業の拡大・縮小の分岐点となる50を割り込ん
だことを受けて追加利下げ観測が強まり、円買いが強まった・。
50を割り込んだのは2003年4月以来の最低と・・。数字は嘘をつかない・・。

また、FOMC議事録 (12月11日分)において一部メンバーが大幅な緩和必要との認識をもって
いることが明らかとなるなどややハト派的。小幅反発を見せるが
上値は限られ、円キャリートレードの手仕舞いが活発化。
そこへ、損失覚悟のドル売り・円買いも呼び込み一時109円40銭近辺へ。
その後も軟調推移が続き、米株価の下げ幅が前日比-200ドル超えに達すると、
本日最安値を更新し109円23銭まで下値を拡大した。
対円相場は軒並みリスク回避の手仕舞いの嵐!!!

いゃ、1980年1月以来の高値となったNY金先物、860ドルで引け、
また、NY原油も一時史上最高値100ドルへ上昇、引けは99.38ドル・。

それにニューヨークダウが1983年以来の大発会で
▼220ドルの下落を見せ、13043.96ドルで引けた。
今週、合計で▼320ドル近い下落・・。

驚いた・・・。
2008-01-03-Thu-07:48

ピボットとフィボナッチ、08年1月3日用

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値
そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。


3pi.jpg


使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」
★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。
◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
ヴァージョンアップしました。より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
3fi.jpg
HOME