FC2ブログ
2007-12-20-Thu-16:33

閑散

こんにちは。
長い模様眺め・・。
溜め息ばかり、はぁ・・、はぁ・・。
閑散としています。

市場の期待通り、日銀は金利を0.50%据置きを決定した。
全員一致、しばらく円売りを続けられるとの観測が台頭か・・。
しかし、お隣の国の動きには注意が必要だろうと思う。


海外の関心は、投信設定にからむ外貨買い・円売り・。

しかしながら、サプライズがない限り動きそうにもないようだ・・・。
方向感がない動きがつづく・・・・。
相変わらずポンド軟調地合いのようだ・・。
ドルのポジション調整が続いているようだ・。


そろそろ欧州が登場・。
米先物株価指数も反落。日本株価も午後に入ってから乱高下を繰り返し、ほんの気持ちだけプラスで終わった・。
目先、イギリスの経済指標から始まる。
そして、米国の経済指標に移り、ベア・スターンズ社の決算発表へと注目されるだろう。
世界中の政府系のお金が投入されていく・。
表の顔と裏の顔が違う・。
実権をそのうち握られてしまうかもしらない・。


さて、カナダの政策金利。すでに来年1月時点、利下げ観測が静かに水面下でアナリストやエコノミストの間で囁かれはじめているようだ・。頭の隅にとどめておいてもいいのでは・・。

そんな情報を見つけると、明日のカナダのGDP、小売売上高等の経済指標の発表が予定されている。かなり重要だろうと思う・。




福井日銀総裁の記者会見も目新しさはないようだ。
慎重にならずおえない・。



静かにポンドが売られている・・・。


スポンサーサイト



2007-12-20-Thu-13:10

やはり・・・

こんにちは。
市場の予想通り、日銀は金利を0.50%据置きを決定した。
全員一致。毎回利上げを主張していた水野氏も今回は後退せざるおえない・。
瞬間、円売りへ!

海外から投信設定にからむ外貨買い・円売りに関心があるようだ・。

しかしながら、サプライズがない限り微動だしそうにない・。
方向感がつかめない展開続く・・。

活気付くのはまだ先・・・。

あとは中国がどうするか・?内部・外部への対面を重んじれば、そうすぐに行動に移せないが、タイミングが大事だろう。

今日もここまで長い・・。

スイス中銀総裁が対ユーロ相場で、スイスフラン安が続けば、利上げも・・。
複雑にからんだ結び目も、徐々に解け出したようだ・・。
2007-12-20-Thu-10:28

ぶつぶつ・・・、つぶやき・。

おはようございます。
何やら騒がしくなってきた対ドル相場・・。
ドル円はかろうじ蚊帳の外と言ったところだろうか。
対米ドルの相場に対円相場がジワジワ引きずられてきているようだ・。


先々の予想は、悲観的な見解が多いようだが・・。
米ドルの買い戻しが続いている・。
その筆頭は、英ポンド。米ドルはポンドに対しても3カ月ぶり高値に上昇。
2.0000ドル割り、1.99ドル後半へ・・。
毎回、波紋を投げかける英中銀の議事録も、12月5~6日の内容は、全会一致での利下げ承認。
景気が冷え込みだしたと思われる中、今後の金融政策に対してさらなる追加利下げの市場参加者は、徐々に織り込みだしてきたようだ。
お隣のユーロ圏。心臓部のドイツのIFO経済研究所の結果もよろしくない。
景気指数の結果が、103.0と2006年1月以来の低水準。ユーロ売りに拍車がかかりやすいようだ・。


全般に上値が重くなりだしているようだ。
昨夜もニューヨーク市場では、サブプライム問題が新たな場所まで波及しだした。
債券の保証会社大手の格付け見直しの報道だ。
米MBIA社は、この困難な時期を乗り切ることに確信するとの発言や、格付けを「安定的」に戻ることを確信と力強いメッセージを発信!
それだけ大変なんだろうなと思わずにはいられない・・。



さて、この時期特有の動き方になってきたようだ。
チャンスがある時に動き、それ以外は静観か・・。


朝方、ニュージーランドの第3四半期の経常収支が発表された。
予想:▼49.1億に対して、
結果は▼51.74億と前回の▼29.99億よりもさらに悪化・・。

いい夢はつづかないようだ・・・。
強気の政策を行ってきたと思うニュージーランドが、今朝の結果を受け年内のポジションの手仕舞いが加速するかもしれない。
明日は、GDPの発表予定・・。


あまり材料視されていないが、日銀の金融政策発表が予定されている。
据え置き。そして、福井日銀総裁の記者会見へと注目が集まるかもしれない?



徐々に新しいステージへと歩みだしてきたようだ・・・。

仮の姿のこの時期・・。
大事なことは、見えない・・。



そんな気がします・・。
2007-12-20-Thu-09:15

始まったのか次のステージが・・。

おはようございます。
朝方、ニュージーランドの第3四半期の経常収支が発表された。
予想:▼49.1億に対して、
結果は▼51.74億と前回の▼29.99億よりもさらに悪化・・。

いい夢はつづかない・。
強気の政策を行ってきたと思うニュージーランドが、今朝の結果を受けポジションの手仕舞いが加速するかもしれない。
明日は、GDPの発表予定・・。

徐々に新しいステージへと歩みだしてきたようだ・・・。

大事なことは、見えないものだ・・。
2007-12-20-Thu-08:04

07年12月20日用のピボットとフィボナッチ

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値・安値
そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

071220pi.jpg

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用さているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」
★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。

こちらもピボット同様、前日の高値・安値、ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
ヴァージョンアップしました。より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

071220fi.jpg
ピボットとフィボナッチ
HOME