FC2ブログ
2007-12-07-Fri-13:51

静かな日

こんにちは・・。
週末ですね・・。
今日の東京時間は、水を打ったような静けさ。
不気味?それともハヤバト昼寝を決め込んでいるのかもしれない。

いつもながら人の発言内容を解釈するのは難しい・・。
インフレ懸念って何?
そんな金利のある国々は、懸念があるのか?

年末越えのため流動性を確保するためかドルの買い戻し、
米国本国へのドル送金の手当か、
また、大型の投資設定での外貨買い・円売りもあるとか・、
季節要因が大きいようだ・。

午後に入っても静か・。
日経平均株価も一時200円超もあったが、すぐ売りが入るようだ・。
1万6000円台は維持している・。
為替への影響は、限定的・。

今夜の米雇用統計の数字と来週のFOMCでFRBがどんな政策を打ち出すか、
その辺でしょうね・・。

スポンサーサイト



2007-12-07-Fri-10:47

模様眺め

おはようございます。
寒い日が続いていますが、風邪など引いておりませんか?
昨晩のWEBセミナーにご参加いただき、誠にありがとうございました。

さてと、昨夜は、すべて事前予想通りの結果だった・。英中銀は2年4ヵ月ぶりの利下げ、ECBは6カ月据え置き。そう思わずにはいられないマーケットの動きだと思います。
市場関係者の間では、トリシェECB総裁の記者会見の内容が、驚きとなり大きな波紋となったようです・・。
政治的配慮か・?
その意図しているところは、なんなのか・?
わからないが、ずばり「タカ派」・・。
こうなると水面下で、バタバタ水かきをしだしはじめるだろう。

昨夜の一連の流れを見て思うことは、すべてが大方の市場参加者の思惑、描いた通りの結果となったのではないかということ。強いて言えば、もっとユーロやポンドが動くところが思ったほどの反応もなく、やむなくポジションを締めたように思う。
祭りは、終わった・。そう思えてならない・。

クリスマスから年初にかけて、米金融機関の第4四半期の決算発表を迎える・。昨日のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は、同行はサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)関連の評価損を発表したが、アナリストが予想した内容よりいい内容となり、信用収縮も一服か。市場は好感した。でもサブマリンのように「いつ」「何時」「どんな形」で発表されるか、「うわさ」が流れるか留意が必要だろう!

イベントと週末を控え、東京市場は静かです・・。
株価は1万6000円台を回復中・。
米先物株価指数は、小幅反落・・。

正直、ネタがありません・・。

失敬・・。



2007-12-07-Fri-08:20

ピボットとフィボナッチ(07.12.7分)

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
07.12.7pi.jpg


これは、リアクション・トレンド・システム(逆張り)といわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用さ\^-ているテクニカル指標だそうです。それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。


こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
ヴァージョンアップしました。より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

07.12.7fi.jpg

HOME