FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-21-Wed-18:07

うわさ・・・

こんにちは・。
日に日に寒さが身に堪え、布団から起き上がるのに時間を要しています。
う・・、寒い!!
今日も断続的に円売りが入っている模様・・。
午前中は、FOMCの余韻を残し、NYダウも乱高下・・・・。
行き場を失いつつあるようだ・・・。
断末魔か・?
午後に入ってから今日も動き出した・・。豪州は今週末総選挙が予定されている・。野党優勢と伝わっている。事情はわからないが、豪州の金融機関のサブプライム関連で損失拡大、日本の金融機関も何か報道するとか???
噂が噂を呼び、疑心暗鬼・・・・。
原油も98ドル後半・。
アジア株総崩れへ・・。
始まった欧州株も下げ幅を拡大中!!!米先物株価指数も軟調地合い・・・。
中東からはドルペッグ制の見直し発言がまたもや市場を駆け巡っている・・。
参った・・。正直・・・。
今夜のニューヨークは休日前・・・。
何が起きてもおかしくないのかもしれない・・。
戻り売りか・・・。
買いからはなかなか入れない・・・。
エントリーをする時、
「なぜ、買いたいのか?売りたいのか?」
「中長期なのか?デイトレなのか?」
「何銭でその取引をやめるのか?」
「利益は何銭にするのか?」
マーケットの流れは・?
今の話題はなにか?
その旬な話題から、今後の動きはどうなるのか?
安易に動かないように・・・・。
目先は、英中銀の議事録が日本時間午後6時半・・・。
ポンドの波乱要因なるだろう・・・。

なかなか思うようなことが書けません・
申し訳ありません・・。
スポンサーサイト
2007-11-21-Wed-10:54

苦渋・・・。

おはようございます。
どうしたものか・・?長らく円安の時流を見ていた方には、この動きは針のむしろ・。
未明のFOMCの声明文を一時マーケットは乱高下、NYダウの動きは、一体何が起きているのだろうかと思わせる動きだ・・。
FRBも厳しい選択を迫られているようだ・。安易な利操作は、経済の失速を招く可能性をはらんでいると思う・・。
いい調子で、各国はインフレ懸念を理由に利上げ示唆してきたが、ここにきてつまずきだした。
カナダは、昨日のCPIが予想を大きく下回り、インフレターゲットを下回った。その結果、利下げ観測へ向いだした。原油時間外取引で99.29ドルと最高値を更新!!!
原油高が資源国通貨の買い材料とはそろそろ言えないようだ・。沈みいく大国。
それに対して豊富な資を背景に水面下ですでに動いているのだろう・・。
表に出るときは、ほとんど終わっていることが多い・・。
あとは、ゆっくり待つのみ・・。
微妙なようだが、いままでのようにはいかないことは確かなようだ・・。
難しい顔が並ぶ・・・・。
こちらが駄目ならあちらへ、でしょうか?

救世主は中東勢かもしれない・。原油の豊富な資をもとに、いろいろな企業を買い占めるかもしれない。表は有名だが、裏は中東筋かもしれない・・・。
世界の勢力が変わりそうだ・・・。
今日も静かに動いているようだ・。
株価の値動きしだいのようだが、昨日のような「噂」御免被りたいものだ・・。
ルーマーはつきものだが・・・・・。
十分注意を!!!!!
2007-11-21-Wed-08:20

07.11.21用のピボットとフィボナッチ

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
07.11.21pi.jpg


これは、リアクション・トレンド・システム((逆張り)といわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」
★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。
◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。



こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.5と0.618、1.0と1.328をかけて作ってあります。
ヴァージョンアップしました。より細かく、より判りやすく・・・。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.11.21fi.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。