FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-15-Thu-16:58

浮き沈みは世の常か・・。

こんばんは。
ようやく木曜日ですね・・・。
今年の後半から日々、サブプライムに関する話題に振り回され続けています。
ちょっと飽き飽きでしょうか?
それに過敏に反応しているのが、NYダウ。その値動きが為替へと、相性がいいように連動している。そして、その流れが翌日のアジア圏の株価に影響を受け、かつ為替相場にも影響。そんな展開になっているようです・・。

昨日は、アジア圏の株価が堅調に推移、欧州株も比較的堅調な動きをみせるとリスク許容度が改善。なんと昨日は、ブラジル金融市場まで触手の伸び、大幅な上昇となった。

びっくり!!
以前、この国の状況を知っているものには、えぇ!!!!
一喜一憂か、米国の景気減速に対する懸念が後退とかやらで・・・。
株式が急伸。またレアルの対ドル相場も大幅高へ。
ドル=1.734レアルとなり、2000年3月以来の高値近辺。

さて、今日も往来相場のような動き・・。
午後に入ってから、あいも変らず金融機関の損失拡大を想起させる噂、日本株がマイナス圏に反落となり下げ幅拡大しだすと、リスク回避の動きが強まりだしたようだ・・。
一方、それは改善に向うニュースとしていい材料と判断する向きもあるようだ・・。

アジア圏の株価は下げ幅が拡大している模様・。
噂が本当になった、英バークレイズ銀行がサブプライム関連で評価損を計上した。

市場は、金融機関の透明性が高まると判断したのか、円売り地合いに転じているようだ・・・。しかしながら、今日から新しい会計基準が始まる米国、先々含み損が話題になりそうだ・・。
 GOODかBAD
Everyday, I listen to my heart. ひとりじゃない・・・。歌詞の一小節・・。

さて、日本時間午後6時半にイギリスの小売売上高、インフレ目標を導入している。昨晩の報告書との整合性は、いかに?そのあとユーロ圏の消費者物価指数、午後10時半米国の消費者物価指数、NY連銀製造業景況感、失業保険関係などが予定。あと要人発言に注意かと思いますが・・・・・・。
 今夜もポンドが主役か・・・・、
では、この辺で退散します・・。



スポンサーサイト
2007-11-15-Thu-09:26

07.11.15分のピボットとフィボナッチ

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

07.11.15pi.jpg


これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.11.15fi.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。