FC2ブログ
2007-11-13-Tue-21:20

どうなんでしょうかね・・・

こんばんは・・・。
ひとまず落ち着きだすのだろうか?
いや、NYダウの行方次第か?
それとも15日から米国の新しい会計制度の導入で波乱か?

それも程よくないと思う米国の景気・・。
年初から異常な盛り上がりをみせていたNYダウ・・。
翳りが見えてきたのではないか?

そこへサブプライム問題が輪をかけたのではないか・・。
8月中旬のような狼狽売りにはなっていないが、
こうなると何が起きてもおかしくないと思うのだが・・。

チャンスとリスクは、背中合わせか・・?
今夜、ようやく市場参加者がそろう・・。


さて、下記画像はユーロドルの日足に30日線、90日線、210日線、ボリンジャーバンド、それにRSI(相対力指数)を加えてみました・・。まだまだのようにも見えますが、どう判断するか・・・。ドイツ指標はまあまま、でもフランスはあまりよくないようだ・・。ユーロ圏の両車輪がうまく働かないと失速しかない・・。



07.11.13bb.jpg

スポンサーサイト



2007-11-13-Tue-17:43

まだまだ・・。

こんばんは・・。
いよいよ本格的に参加者が揃う今夜・・。
注目はやはりニューヨークダウの行方か・・・。
日銀政策決定会合の結果は、8:1で0.50%据え置き決定となった。

先ほどの福井日銀総裁の記者会見もこの間の大阪のようなタカ派とはならず、なんとなくまるく収まったような内容かと思いますが・・・。
中国株は、過去10年で最大の上昇となった10月のCPI6.5%を受け、警戒か・・。追加利上げだけでは金融政策に限界か?

無理をすれば、今年2月末のような結果になりかねないから、難しい舵取りかと思うのだが・・、いかがでしょうか?

新興市場が一応なり落ち着いていつようだが、体力やシステムに不安が残る・・。

欧州株はやや下落気味だが、米先物株価指数は今のところ堅調に推移をしているようだ・・。

ユーロドルは日中の安値1.4521ドルから一時1.4633ドルまで上昇し、1.46ドル前半で推移、ポンドドルは2.0533ドルから2.0697ドルへ値をようやく戻してきたが、午後18時30分のCPIや小売物価指数の発表が予定されている。
結果如何では波乱材料に・・。

さて、下記画像はドル円の日足に30日線、90日線、210日線、ボリンジャーバンド、それにRSI(相対力指数)を加えてみました・・。行き過ぎとみるか、まだまだと見るか、判断が分かれるのかもしれない・・・。

2007-11-13-Tue-08:26

07.11.13日のピボットとフィボナッチです・・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値、そしてニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
07.11.13pi.jpg


これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」
★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。


こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

07.11.13fi.jpg

HOME