FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-11-07-Wed-23:01

総崩れ・・。

何が起きているんだ・・。
日本時間午後9時、時計の針が回り・・。
ボーン、ボーン・・・・・。
ニューヨーク勢は自国の通貨をそう簡単に売らない・・。
ユーロドルは1.46ドル後半で揉み合い・・。
ドル円が動いた・・。10月9日以来の112円後半へ急落!!112円88銭をつけた。折から、米GMの7-9月期の決算関連のニュースフラッシュ!
悪い。サブプライム関連損失がもろに影響・・。
米先物株価指数がさらに下げ幅を拡大・。
その後も断続的に円買いが入り、ドル円は112円77銭、豪ドル円は105円68銭、
NZドル円は、88円49銭。カナダドル円は123円98銭。
そしてユーロドルも再度高値更新、1.4731ドル・。
原油は98ドル前後、金先物は17.50ドル高で始まり、840.90ドル・・。
中国の要人発言からユーロが嗜好され、株安に発展!
米先物株価指数が大幅な下げをみせ、先行しての動きが入っているようだ・。
でも、実際始まってみないと・・・。
米GMの決算が市場心理に影響しているようだ・・。原因は、サブプライム関連とのこと。
どこまでも続くようだ・・・。
振り回され、くたびれました・・。
やれやれ・・・。
この辺で退散します。

07.11.7qqqq.jpg

スポンサーサイト
2007-11-07-Wed-19:15

強烈だ・・。

こんばんは・・。
目の前の数字を見て、疑う・・・。
ドル売りが先行し、ユーロドルで1.4705ドルを付け、引き続き高値圏で推移・。
ポンドドルも2.1025ドルを1981年5月以来の水準のポンド高・ドル安・。
米ドル不信、
その流れがドル円に来た!!!
クロス円に波及。オセアニア通貨もこの荒波に急落!
欧州株も急落、米先物株価指数も急落!!
気が気ではない夜を向かえそうだ!!
十分注意をしてください。

2007-11-07-Wed-11:18

依然強いオセアニア通貨

おはようございます。
早速、州中銀は追加利上げを実施した。すでにご存知の通り。6.75%へ。11年ぶり高水準。ただし、異例とも取れる。確かにインフレ抑制が目的かもしれないが、総選挙を2週間後に控え、現政権の支持率がおぼつかない状況下では、異例な政治的重みを持つ。
どうなるか?
一方、朝方ニュージーランド準備銀行(中銀)は、金融の安定性に関する半期に1度の報告書がでた。強気の内容だろう。その内容は「世界的なクレジット問題で投機筋のリスク許容度は低下したが、ニュージーランドドルNZドル)への需要は続く」。
 債券の発行ペースもやや落ちているが、依然、金利差の拡大は魅力だとも・・・。
今朝の州の金利発表でもドルNZドルの関係に大きな変化はない。NZドル買いが先行している。
 原油高・金先物高。資源高を受け、カナダドル、南アフリカランド、オセアニア通貨等対ドルで高値を更新し続けているが、そろそろ悲鳴が聞こえてきそうな予感・・。
まずいだろう・・。
 そう思うのだが・・。
下記チャートは、ドル/カナダドルとカナダドル/ドル/NZドルとドル/の5分チャートです。
07.11.7cadusd.jpg

07.11.7aud.jpg

2007-11-07-Wed-09:56

07.11.7日分のピボットとフィボナッチです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

07.11.7pi.jpg


これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」・「トレンドモード」
★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード、相場に方向性が出たとき、
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。
参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。
ご注意してください。


こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.11.7fi.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。