FC2ブログ
2007-09-29-Sat-09:54

9月の世界の主な株式の終わり値、原油・金の引値

おはようございます。
今月の世界の主な株価の終値、原油の終わり値のデータです・。それに人民元のデータも・。
07.9.30kabu.jpg

07.9.30kin-1.jpg

07.9.30kin-2.jpg

スポンサーサイト



2007-09-29-Sat-09:53

今週の物語・・・。9.24

こんにちは。
今週もありがとうございました。
また、今月もありがとうございました・。

さて、今週もいろいろ材料があり、どれをとっても先行き不透明のようですが・・。
あくまでも、個人的な視点でまとめたものですので・・。
今月は2回も月曜日が休日の日本。
今週も静かな滑り出しとなった24日月曜日・・。東京勢不在のオセアニアやアジア市場は、おもしろいもので相互依存しているかのように欠けると途端に動きがなくなるようだ。ドル円は114円半ばから115円前半で揉み合いとなり上値が重い展開。ユーロドルは米経済の先行き不透明が強まり、利先高観もありここ数日史上最高値を更新。以前から噂されていた1.40ドル前後の分厚いオーダーもこなされ?いや変更もあったのだろう1.40ドルを抜けだすと1.41ドル台と当面市場参加者の中で噂されている1.45ドルも視野に入りだしたかのような動きを見せだし、史上最高値1.4130ドルつけた。珍しい時間帯にトリシェECB総裁の利に関する発言、ECBの利は低いと・・・。これが材料になったか不明だが・・?
ポンドも弱い地合いながらも、沈み行く米ドルをよそに2.02ドル半ばから9月14日以来2.0316ドルの高値をつけた。
1976年以来31年ぶりの等価水準を下回ったドルカナダは、1.0000ドル前後での揉み合いとなった。ドルスイスも1.18ドル付近がターゲット視されていたようだが、簡単に下抜けし1.17ドル前半までドル売りへ・・・。
欧州勢も小動きながらポジション調整か、ドル買い戻しが徐々に入りだした・・。あとはニューヨークへ・・・。
ダウも弱含みの展開・・。また、急激に進んだユーロ高に関して来月中旬、ワシントンでG7が予定されており、議題に上るではないかとニュースソースに出るとユーロが売り気配へ。IMFの報告書もインパクトがあったのかもしれない。サブプライム問題も想像以上の負債額、英HSBCも先週末住宅ローン関係部門の閉鎖とまだまだ終わりそうもない・・。
ニューヨークダウが終盤に入り、下げ幅拡大するとドル買いもどしや円買い戻しが強まりだしたようだ・・・・。原油相場も調整の売りが入りだし、小幅下落気味・・・。
HOME