FC2ブログ
2007-09-28-Fri-14:28

珍しいぞ・・。

こんにちは・。
9月最終日・。半期末。
来週月曜日は、早や10月・・。
金融商品の法律は30日に変ります・。

また、巨大なゆうちょ銀行の登場。先々は、不透明のようですが・・。

米国の住宅関連の結果は何年ぶりの悪化が続く・。

しかしながら、結果はオーラィ!!

株価も1万4000ドル台に届きそうな「ねじれ現象」、まか不思議・・。

総じて、落ち着いたニューヨーク市場だったようだ・・・。

それに輪をかけた不思議な東京市場・・・・。

・ニュージーランド!GDPの結果が予想を上まわる。

・期末要因で午前10時にかけて手当てのための外貨買い。
でも、そこはいつもながら売り場となったようだ・・。
ただ、持ち越せないポジションを閉めただけとも・・・。

・英国発のノーザン・ロックがらみで追加融資の発生で
ポンド売り。234前半から一気に232後半へ急落・。

午前中は、こんなニュースや思惑や期末要因など、一時高に振れた・。
午後に入ると利益確定がらみの短期筋の買いが入ったとかで、小幅安にふれたようだ・・。
スポンサーサイト



2007-09-28-Fri-12:53

07.9.28用のピボットとフィボナッチです・。

07.9.28pi.jpg

本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値
そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。

上記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。




こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.28fi.jpg

HOME