FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-26-Wed-15:09

もう、あかん・・。

こんにちは・・。
どうにもこうにも駄目ですね・・。売って駄目、買っても上値は重いしと・・・。
やや諦め。なにかとすぐ金融不安のニュースで、買いもどされたりと、為替のより株価の方が反応がいい!!
わかっていることだが、いや今年のテーマだからね・・。

今日は昨日の逆の動き・。一転して円売り・円安の動きになっている。
前日ニューヨーク市場で買戻しが一服・。
英国発のニュースや予想よりいい結果をだした中古住宅販売件数の結果を株式が飲み込み、
上昇に転じるといつものようにそろりそろりと円安へ。欧州通貨や資源国通貨が円安になっているようだ・。。

また、一方では26-28日は国内向けに外貨建て投信の新規設定が集中するほか、中間期末月の9月末には輸入企業などから機械的な外貨買い決済が見込まれている。そうした月末・半期末に向けた外貨需要を見越した外貨買いの押し目買いも控えているにようで、下げ局面ではあるとの見方もちらほら・・。
しかしながら、突発的な金融不安のニュースには依然、神経質には変わりないようだ・・・。
スポンサーサイト
2007-09-26-Wed-11:26

07.9.26用のピボット・フィボナッチです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値
そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。

下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

07.9.26pi.jpg

07.9.26fi.jpg

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。