FC2ブログ
--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-09-19-Wed-13:24

まだまだ・・。

おはようございます。
ホップ・ステップ・ジャンプ!!見事な三段跳びか!
昨夜のリーマンの決算。上手い時間帯!
いつ発表されるか、誰も知らない・・。
そんな中、日本時間午後9時。NY時間朝8時に発表。アナリストの事前予想を上まわる決算結果。
黒い噂がたちこめている中、不安を払拭に一役買ったようだ・。
ドルをはじめクロスがホップ!
ニューヨークダウも好感、FOMCを控えているが上昇へ。

さて、ビック・イベント到来!
0.25か0.50か、利下げの幅は?
大方が0.25%へ傾いていたのだろう、そこへサプライズの0.50%。
発表直後、乱高下・・。
どう、判断すればいいのか?
思い切ったことであるが、それほど悪いのか・・。
しかしながら、株価が主導権を取ったようだ・。
NYダウが順調に上昇に転じると、売り・ドル売りへ大きく傾斜した。

大きく動いたニューヨーク市場を受けて始まった東京市場は、ようやく来た高値圏。待ち焦がれていた水準もあり、
売りも多いようだ・・。
短期筋の利益確定の売りなどもあり、上値の重い動きとなっているようだ。
次の注目は、日銀金融政策決定会合の行方にかかってきたが、市場の関心はいまひとつかなぁ・・。
まだまだ、安心して見れる相場ではないようだ。
米系証券の3Qの決算が予定され、住宅関連の指標もある。9月の米経済指標は決して手放しでいいというのには、
ほど遠い・・。
いばらの道が始まったばかり・・・。
そう思うのだが・・・。
クロスの動きには目が離せないと思う・・。
スポンサーサイト
2007-09-19-Wed-09:19

07.9.19のピボットとフィボナッチです。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値
そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、
海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。
それによると二通りの方法・考え方があるそうです。
「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。

★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。
こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。

07.9.19pi.jpg

07.9.19fi.jpg

2007-09-19-Wed-00:07

決算結果を好感

07.9.18aa.jpg

07.9.18b.jpg


こんばんは。
ちょっと気になってしまい、
パソコンや情報系に指が動いてしまいました。
交替時間を迎えたころ、リーマンブラザース証券の3Qの決算
市場予想よりいい結果!
もしや、と思った。
やはりマーケットは素直に反応。クロスを中心に売りへ・。
はやばや前哨戦・・。
とりあえずといったところか・・。
上記画像は、ドルユーロの5分足です・。
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。