FC2ブログ
2007-09-12-Wed-08:12

07.9.12用のピボット・フィボナッチです・。

07.9.12fi.jpg

07.9.12pi.jpg

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。

上記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

また、こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
2007-09-11-Tue-08:18

07.9.11用、ピボットとフィボナッチです。

07.9.11pi.jpg

07.9.11fi.jpg


おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値安値
そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
上記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。
2007-09-10-Mon-16:40

もやっと・・・・。

こんにちは・。
欧州市場に引き継がれました。
心配された欧州株は、前日比プラスとまずまずの出だしのようです・。
また、米先物株価指数も下げ幅を縮小中・・。

ドルをはじめクロスは、上値が重い中ジリジリ値をもどす努力をしているようです・。
いたずらは今のところないようだが・・。
こうなるとニューヨークダウとNYの出方次第でしょうか・?

目立たないところでは、フランスの鉱工業や製造業の結果は非常にいい結果。
この後は、午後5時半の英国の生産者物価指数の発表が予定されている。

少し早いですが明日の材料です。

OPEC総会が予定。現在、76ドル後半と忍び寄る影の如く・・。米国など消費国が増産を求めるなか、増産に転じる決議をするかどうかが焦点。中国、インドなど新興国が消費を伸ばす中非常に気なります・。
昨年はとても注目された材料ですが、今回は下火・・。それよりも米国経済の行方に世間の目が以降している・・。

次に、日本の7月の機械受注。そして、中国の消費者物価指数。依然として過熱化している模様。数字如何では年内再度利上げの噂もあり・・・。
また、なんと言っても話題の中心人物の講演としてバーナンキFRB議長が独逸のベルリンで・。
いつもより早いかもしれない・・。
そして、7月の米貿易収支・。対中赤字が個人的には注目・・。
すぐには改善されないだろうが・・・。


安に傾斜・・・。

いまひとつパッとしない動き・・・。
2007-09-10-Mon-07:01

9月10日のフィボナッチです・。

こちらもピボット同様、前日の高値・安値、ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.10fi

2007-09-10-Mon-07:00

9月10日のピボットです

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値・安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だ

そうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生

したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

07.9.10pi

2007-09-09-Sun-22:28

思っているほどでもない・・。

こんばんは・・。
毎日、残暑が厳しいですが、元気に過ごしていますか?

さて、すでに各方面より伝わっている先週末の米経済指標の結果。
チャート、ダウの動きをみるとその時は異常に反応。。

でもその後は静かな動き・・。
8月のような狼狽、システムが勝手に動いた売りもないようだ・。

明日、各国の株価が気になるが・・、そほれど111円台に動くとは思わない・・。

振り子のふり幅が大きく振れれば、その反動も大きい・・。
9月半期末・・・。
その前から企業では、何円台で売る権利のオプション権利を持ってリスクヘッジをしているから
大丈夫でしょう・・。

クロス円も大きく振れるようでもない・・。
手元資金を多くしたいですからね、銀行は・・。

さて、すでに18日のFOMCでは利下げが大勢のようだ・・。
次は、下げ幅0.25%~0.50%と、年内まで、4.50%と言うやからまで・・。

バーナンキFRB議長も嫌なときになったものだ・・。
グリーンスパーン元FRB議長のまいた種なのに・・・。

今週よろしくお願いします・・。
2007-09-08-Sat-10:50

厳しい現実

こんにちは。

今週のいろいろ材料あり、思惑・噂が市場の間を飛び回っていたようです。

さて、今週を振り返って、個人的な後付かもしれない出来事をピックアップしました。

07.9.3の週の材料

8月最後の週、ブッシュ大統領、FRB議長の相次ぐ今回の問題の収拾に向けて発言を受けて始まった今週。

しかし主役不在の3日月曜日は小動きにとどまった。焦って無理をせず・。

4日火曜日。
今日から全ての参加者がそろう。東京時間115後半でもみあいの続いたドル/は、夕方、急落。一段の買いを誘発するストップロスを巻き込みつつ、一時11534銭まで下落。東京時間からサブプライム問題に絡み、一部大手金融機関が損失を抱えているとのうわさが飛び交っていた。また、朝方の欧州株が下落して取引が始まったことも一因と・・。

 リスク回避の買いはクロスにも波及。ユーロ/円は、アジア時間157円後半での揉み合いが、夕方一時156円55銭まで1円超、英ポンド/円は同様に 233円後半から232円前半まで2円近く一気に円高。急速な円高が進んだ場面では、市場参加者の主なプレーヤーが同時に円買いに動いたとか・・。

 しかし、注目米国市場が始まると流れが変った。8月ISM製造業部門景気指数が小幅な低下にとどまり、米株式市場が値を戻したことなどから急速に円売りが入った。しかし頭は重いようだ・・。

 豪州は、GDPの結果を好感。首相や財務相は強気な発言。

5日水曜日。
今週第1弾。豪州の政策金利発表。残念ながら据え置きの6.50%。前日の発言もあったので、内心(もしかしたら)と・・、思った参加者もいたかも知れませんが・・。

2007-09-08-Sat-00:12

恐怖の連鎖か?

07.9.7w

もう、本日の更新はしないつもりでした。が、
テレビを見ているとドルの数字が113台と!!!!

8月の失業率が結果は、4.6% (予想:4.6%)
しかし、8月の非農業部門雇用者数が、▼0.4万人 (予想:10.0万人)

この結果、ドルは一気に115前半から114前半へ。そして113
ニューヨークダウも嫌気。
▼200ドル近い下げ。

おさまらない・・。

必殺技を出すか、引けぎりぎりに動くかFRB

相当、痛んでいる・・・。

引けるまで怖い・・・。
2007-09-07-Fri-15:28

揉み合い

こんにちは・・。
台風の被害は、大丈夫でしたか?

マーケットは朝方、昨日の逆パターン・・。
上値のストップオーダーを狙う動きか、上に向かい一本長い迷惑なチャートが伸びた・・。

ダウは反発して引け・・。
しかし、日本株は弱い・。

18日のFOMCの手がかりを求めて、日本時間、アジア時間は小動き・・。
動きは、株価の動向につれているようだ・・。

午後に入り、一時200円こえる下げ。ドル円は115円00銭に迫る!!!

しかし、深入りせず・・。


昨夜の政策金利は、概ね市場関係者の思い描いた通りだと思う。
しかし、異例のBOEの声明。トリシェECB総裁の発言!!

なんとかつなぎとめておきたい・・。
そんな思いが伝わってくるようだ・・。


それだけ、先行きが不透明であり、あぐねいているようだ・・・
2007-09-07-Fri-09:10

9月7日のフィボナッチです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.7fi.jpg

2007-09-07-Fri-09:09

9月7日のピボット

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生

したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

07.9.7pi.jpg

2007-09-06-Thu-19:10

中国動く

こんばんは・・。

午後5時半から始まった欧州各国の経済指標の結果は、あまりよくないようだ。
だが、
それ以上に、APECでシドニー集う・。

米中首脳会議。
為替も話題に・・・。


午後7時、中国人民銀行。預金準備率引き上げ。25日から実施と・・。
唯一、世界的な株安の中にいて、中国株は上げ基調・・。
投資熱はおさまらないようだ・・・。

この発表で、円買い

朝方のレベルが近づきだした・・・。
2007-09-06-Thu-16:16

シーンと・・。

こんにちは・・。
台風9号の行方とアメリカ経済の行方・・。

ちょっと似ているかなぁと思う・・。
のろのろと大きな影響を周辺に及ぼしつつ進むところが・。

東京時間の午後、日本株が下落しだしすと欧州・米先物株価へと伝播・。
円を売って、リスクをとるのが嫌!!
もう一度、再考。

やはり、傷んでいるのか米国
住宅関連は、いろいろな職種を生む種・・。
働き口が減る・。
ドル安容認は、米政権が変るまで望めそうもないようだ・・。

昨晩の余波で、朝方一時円買いが強まる。日本株も一時300円近い下げ・・。
きたきた・・・!
しかしながら、株価が下げ幅縮小しだすと、
こんな時期に、こんな地合いに押し目買いがあるのか徐々に円安に向かいだした。

あとは着の身着のまま・・・。
午後8時からイギリスECB、トリシェECB総裁の記者会見をまっているようだ・・。
2007-09-06-Thu-12:04

9月6日のピボット

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だ

そうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生

したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

07.9.6pi.jpg

2007-09-06-Thu-12:03

9月6日のフィボナッチです

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.6fi.jpg

2007-09-05-Wed-09:06

9月5日のフィボナッチ

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.5fi.jpg

2007-09-05-Wed-09:05

9月5日のピボットです。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

07.9.5pi.jpg

2007-09-04-Tue-17:00

円高へ!!!

こんにちは
急な土砂降り、雨模様・・。
困った・・・。
傘がない・。

さて、この時間になって急激な買い模様!!!

今週も金融機関に関するうわさから始まった・。
欧州勢が主導権を握る時間を迎えた・・・。
欧州株が下落。米先物株価指数なるものも下落・・・。


個人的にはドルは大きくレンジの中に入っているのではないかとおもっています。
114~117
このレンジを抜けた方に動きだすのかな、と思っています・。

それよりも、ユーロやポンド、オセアニア通貨等のクロス円の方が振幅の幅が大きいと思います。
なぜって、クロス円だからです・・。

掛け算だったり、割り算だったりと・・。
チャンスはクロス円・・。
そして、国がしっかりしているとこか・・。

この間のような急激な円高は、考えられないけど・・。
市場が不安がっているうちは、先に進めない・・。

安心は、いつか・・?

ニュースを読むとアメリカのカントリーワイドなる住宅ローン会社は相当大きく、影響ははかりしれないらしい・・。

大きすぎて潰せないとか・・・。
いろいろその国の事情があるようだ・・。


無責任な会社運営があるとか・・。


目がまわるぞ・・。
2007-09-04-Tue-13:09

何がたりない・・。

こんにちは・・。
うって変って今日は、暑いですね・・。

汗びっしょり・・。背中を汗のしずくが流れるのがわかる・・。
気持ち悪いよう!!!!!!

FX証拠金取引・・・。
名前の通り、取引を行う・・。
それも、テコの原理で少ないをお金で大きなお金を動かすことができると謳っている・・・・。

でも、実際には借りて運用・・。その金額を相当のお金の受渡はしない・・。
買った通貨は、売り戻す、
売った通貨は、買い戻す、
そして、売買の差額を決済する方法を取っているのです・・。

これが大前提・・。
元本の受け払いはしない、損益を決済するために証拠金を預けることによって、投資を行う・


その上で、なにが足りないのか・・。

予測する想像・・。
こんなニュースが出たら、
こんな噂がでたら、

この発言がでたら、

市場参加者が、どう反応するか、
そのやり取り・・。

予測・・。

そんなこと思った・・
2007-09-04-Tue-11:58

9月4日のフィボナッチ

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.4fi.jpg

2007-09-04-Tue-11:58

9月4日のピボット

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だそうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード

◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜け場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。


07.9.4pi.jpg

2007-09-03-Mon-20:35

結構、多いぞ・・。

こんばんは。
今週も始まりました。
待っていた日差しは、今日になってようやく・・。

あと一日早ければ、いいのに・・・。
洗濯好きな私にとって週末の天気は大事・・。

さて、今週は米国がどれくらい傷んでいるのか、そうでもないのか?
そんな経済指標欧州、豪州、カナダらの政策金利の発表が重なる今年後半の重要な週だと思っています。

そこへ、ブッシュ大統領をはじめ各国の要人が集まる。
下記がその予定・・。

APEC閣僚会議シドニーで5-6日まで

そして世界経済フォーラムが中国・大連で会議があり6-8日まで

続いてAPEC首脳会議シドニーで8-9日まで

そして主要国中央銀行総裁会議がスイス・バーゼルで9-10日まで開催

経済指標も多いのだが、その上に要人が集まる機会も多いとは・・・。

いやぁ、
重なるときは、重なるもんだ・・・。

波紋が波紋を呼び・・・。
思惑が思惑を呼び込み、憶測を生む・・。

利用しない手はないでしょうね・・・。
市場の裏の世界では・・。
儲けるチャンスか・・・・。


なんて勝手に想像してしまった・・・。


午後8時を回ってから小幅円買い、円高になっているようだ・・・。
材料ねぇ・・・。

あったら教えて・・・。
2007-09-03-Mon-18:01

8月分の世界各国の株価終値。原油・金相場引け値

今週もはじまりました・。
出だしボーっとしています・・。
8月分の日本株価、アジア株価、欧州株価NY株価の終値。それにNY原油引け値、NY金相場の終値。
07.8shi.jpg

07.8shi-1.jpg


人民元の終値
07.8jinn.jpg

2007-09-03-Mon-06:24

9月3日のフィボナッチ

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.9.3fi.jpg

2007-09-03-Mon-06:20

9月3日のピボット

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。
これは、リアクション・トレンド・システムといわれるもので、海外でデイトレーダーが中心に利用されているテクニカル指標だ

そうです。

それによると二通りの方法・考え方があるそうです。「リアクションモード」、「トレンドモード」。

★リアクションモード
◎ボックス圏にあるときをさすそうです。
この圏内にいるときは、高値圏で売り、安値圏で買うという作戦。


★トレンドモード
◎相場に方向性が出てきたことをさす。上下のブレイクポイントを抜けるとボックス相場が終わったとみなされ、トレンドが発生したと判断される。売りもちであれば、上を抜ければ、損切り。下抜けした場合も同様。
また、上下を突破することは、新しいトレンドをつくる可能性から、上で買い、下で売りを作るという作戦もあるそうです。

◎ただ、ストップ時に売買を見送るのが基本だそうです。

参考に、でも、あくまでもひとつの資料であり、絶対ではありませんから。ご注意してください。

07.9.3pi.jpg

2007-09-02-Sun-19:31

主婦・主夫の一日

こんばんは・・。
主夫の一日は、あっという間に終わってしまう・・。
家内も言われているが・・。
いろいろ主婦はやることが多いのよと・・。

確かに多い・・。
目が回る・・・。天気予報は大事、でもはずれるとさらに仕事が増える・・。
あぁ・・・。

さて、今日の夕食は和食・・。
さんま。すった大根ぞえ
焼きなすのおひたし。
わかめとたまねぎと油揚げの味噌汁
山芋・・。

それに16穀まいのごはん・・。

寒い季節に向かい、広がった血管をもとの太さに・・、
そのためにも、ねばねば系の食材を多くとらないとね・・。

あぁ、それにしても一日早く、晴れてくれれば重いものや汗のしみ込んだものが干せたのに・・。

残念・・。
次回の空模様に期待・・・。
2007-09-02-Sun-14:32

手がかりを求めて

こんにちは。
早いもので9月。
もう秋、冬・・・。一年は、早いのかな?

さて、今週はより米経済指標が注目されよう。
6月下旬から始まった一連のサブプライム問題・。
その影響がアメリカの経済にどこまで、どのくらい影響を及ぼしているのか、そうでないのか?
把握できるのか、どうか?

そう言った意味で今年後半は、欧州・豪州、カナダ等の経済指標に注目度がアップするだろう。
今週に限っては7日に発表される8月の雇用統計。4日の米供給管理協会(ISM)製造業景気指数、6日のISM非製造業景気指数。

バーナンキFRB議長をはじめブッシュ大統領が借り手救済策を示し、あらゆる手段を講じると言明。
その手がかりとして上記の経済指標が少なからず、米金利の引き下げが必要かどうかといったことについての手がかりが得られるとみられている。また、経済全体が圧迫されていることが示唆されるかどうかという点で注目。


しかし、投資家を救済しないと発言していることから、市場の混乱は収まらないだろう・・。
どちらの方が大きいか、金融工学が生み出した投資リスクの再分配化されどこまで、どのくらい、行き渡っているのか調べようがないのが実情だろう・・・。

元を正せば、かろうじて食い止めることも可能かもしれないが、新たな矛盾を生む可能性も否定できないと思う・・。

今週も、消費天国の米国の株価動向、午後からは米先物株価指数なるグロベックスなるもとにらめっこのようだ・・。

9月18日のFOMCまで波乱・・。
やれやれ、参ったなぁ・・。

疲れそうな、方向感がない往来相場か・。

今週もよろしくお願いします。。
では、また・・。

ぐたっり・・。
2007-09-01-Sat-15:05

肩透かしか?

こんにちは・・。
もう9月ですね・・・。
急に気温下がり、体調を崩しやすいのでは・・・。

昨晩は、話題の内容の濃い夜だったようですね・・・。
さすがに市場関係者が思い描くような筋書きとはならなかったようです・。
米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長の考え方は、金融市場の混乱が経済へ影響を与えないよう必要な措置を講じるが、一方で、誤った判断を下した投資家を救済する意向はない。

自己責任でしょう

でも、どこの国でも貸して責任はないのかね・・!
貸す人がいるか
そんな仕組み、システムを作るからいけないんでしょう!

ミスターマジシャン
アラン・グリーンスパーン前FRB議長


今が結果であり、原因はずっと昔から、
だから、今にいたるのではないか・・。

ブッシュ大統領の方針は、住宅ローン返済が困難になっている住宅保有者の救済策を発表、借り手が持ち家を手放すことなく借り替えが可能になるよう、米連邦住宅局(FHA)の改革法案を可決するよう議会に提出。さらに、住宅ローンの貸し手と借り手が債務不履行回避に向け、協力していくことが必要だと・・。
あなたも原因を作った人でしょ・・・。

これから寒い冬迎える・・。
クリスマス商戦がどうなるやら・・。

それに引き換え、中国!
来年のオリンピックを控え、度重なる金利引き上げでも、投資熱は冷え込まず、
株価は、5000台!!

ここに飛び火しないことを祈るばかり・・・


弱いだろうから・・。


しばらく続く・・。
そして、来週から始まるユーロ圏、カナダ、豪州、イギリスの金利動向が注目。
また、何気に“原油が74ドル台に上昇!!”
ちょっと気になる材料ですね・・。

しばらくは、「思惑」「うわさ」に振り回されそうだ・・。

8月もありがとうございました・・。

9月もよろしくお願いします・・。
では、良い休日を・・。文字色
RREVHOME