FC2ブログ
2007-08-24-Fri-16:24

戸惑い・・・

こんにちは。
だいぶ朝方の更新から時間が経ってしまいました。

朝方、資金供給を受けた米住宅ローン大手のカントリーワイド・フィナンシャルの最高責任者の弱気発言にNYダウが過敏に反応。

下落で引けた。
イメージダウン・・。

そこへ米金融関係者の発言を受け、円高地合いへ押す結果となった。
あとは金曜日の東京市場・・・。

欧州参戦・・。
ロシア勢も裏で暴れているのか、恒例の仕掛けで円高に動き出した・。

今晩予定されいる米新規住宅販売件数、
前回よりも若干悪い予想・。

情報誌によれば、アメリカの住宅産業は深刻な不況に陥っているそうです。活況のときには、毎月何万単位で雇用が伸びていたそうですが、
今は逆に何万単位でリストラ。

深刻ではあるが、近年金融工学の発展により証券化された商品。その上手軽に世界中のどんな地域からでも買い求めれら得る商品。

初めての出来事の金融市場は、戸惑い、困惑気味になっているのだろう・・。

だから、しばらく米雇用統計の動向には注意が必要だろう・・。

その先は、米国クレジットカード社会のブラックホールが待ち構えていると報じている・・。

真実は、事の次第が進んでからでしょう・・。
言えることは、米国民の貯蓄率が限りなく0%に近い・・・。
スポンサーサイト



2007-08-24-Fri-08:48

8月24日のフィボナッチ

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.8.24fi.jpg

2007-08-24-Fri-08:47

8月24日のピボットです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値
そして、ニューヨーク終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。

使い方、但し保証の限りではありませんので・・。

★リアクションモード、ボックス相場のとき
◎買い1と買い2の間で買いもち、それを利食うのは売り1と売り2の間にきたとき
◎売り1と売り2の間で売りもち、それを利食うのは買い1と買い2の間にきたとき


★トレンドモードの時、相場に方向性が出たとき、
◎HBOP(ハイ・ブレイク・ポイント)、LBOP(ロー・ブレイク・ポイント)
◎売りで入った後マーケットがHBOPを上抜けしたら、予想やシナリオがはずれた可能性が多いので損切り
◎買いで入った後にLBOPを下抜けしたら、同様。
◎ブレイクポイントが抜けたら新しいトレンドの発生の可能性。ハイを抜けたら買い、ローを抜けたら売りのポジションを作る作戦。

◎ストップ時には、売買を見送るのが基本スタンス
07.8.24pi.jpg

2007-08-24-Fri-05:54

またしても・・

おはようございます。
涼しい朝のようです・・。

どうしていいのやら・・・。
マーケットは右往左往・・・・。
ECBがタカ派、スタンスを維持・。
その次の日の日銀は、明確なシグナルを市場へ送ることが出来ず、6月同様売りのきっかけを作り、欧州勢の餌食になった・。

しかし、23日の米BOA、カントリーワイドに20億ドルの投資。WSJ紙にのった。その偉い方が、住宅市場の低迷が米国の景気後退につながる可能性があるなど、発言。米経済の先行き懸念を触発!!!

ニューヨークダウが下げに転じた・。約80ドル近い下落!

なんでこうなるの?
だれの言葉なら、信じていいの?
米住宅市場の件では、今年は大きく落ち込み、雇用も悪化・・。
低金利のため、米国民は、貯蓄率11%から0%へ。錬金術にはまり多額の負債・・。

消費が大きく落ち込むだろうと言われている・・。
クレジットの破算・・。

そっちの話しならわかるのに・・・。

今日も株価次第・・。
HOME