FC2ブログ
2007-08-11-Sat-20:22

混乱の今週、8/7の週・・。

07.8.7週の材料

今週も株価に振り回された一週間でしたねぇ・・・・。
個人的にこの一週間をまとめたものです・・。あくまでも個人的な主観や感想ですから・・・。

7日:前週末の材料をきっかけに・。

前週末のNYダウの4回目の大幅な下げを記録した・。
思うことはひとつ・・。
窓が開く可能性が高まったようだ・・。

 そんな不安・期待が入り混じり中、いきなり窓を大きく開けドル円は8/1の安値を更新し117円21銭。他のクロス円も同様に大幅な下げをみた・。

 しかしながら、懸念されたアジア各国の株価が反発して始まると仕掛けた輩の買戻しも凄い勢いをみせ約1円近い上昇へ。

欧州時間に入ってから、英ポンドが売り気配へ。特に対ユーロで大きな売りが入り値崩れをすると主要通貨でも軟調地合いとなりだした・。

NY市場に移ってからは、ダウ!!
これに今は尽きる!

今年最大の上げ幅を拡大しだすと、先週末の水準に戻した・・。なんか、いいように振り回されたようだ・・。


8日:FOMCを控えて、模様眺め・。一転、発表後乱高下・。


 NYダウの振り回された前日。FOMCを控えても模様眺めの相場が続いた・。欧州に場所を移してからは、米先物の株価指数の上昇を受けてややドル買いがとなりだした。

NY市場の入り際、労働市場の指標の結果を好感し、円以外の主要通貨ドル買いが優勢となる。あとはNYダウとFOMCへ・・。
ダウの開始直後から大幅な上げをみるとさらにドル優勢となりだした。

 圧巻!!!!

FOMCの声明文:信用状況のタイト化で成長の下振れリスクが強まっていると指摘する一方、インフレが依然として主要懸念だとの見方を堅持。ややタカ派と受け取ったようだ・。

しかしニュースフラッシュの順序で一喜一憂の株式・為替のマーケット・。

乱高下!

 引けになってようやく落ち着いたダウ
一応、円売り・米ドル買いの流れを堅持したようだ・・。
スポンサーサイト



HOME