FC2ブログ
2007-07-27-Fri-17:27

傍観・・。

こんにちは・。

今日の日本時間

    乱高下

方向感が掴みにくい・・。
昨日のニューヨークダウの急落から懸念された世界の式市場・・。

韓国総合指数は、2004年6月以来最大の下落
豪州、ASX200指数が2001年9月以来の大幅な下落


日本市場も急落!


恐怖・恐れ
があるか、このような動きがなるのか・・・。

イベントは、これからが本番だろう・・。
ニューヨークダウが2日続けて下落するか、どうか・・。金曜日の下げて引けた回数は数回のみ・・・。


午後8時以降から午前零時まで、
明け方の午前3時ごろから引けるまで・・・。

あぁ、呆然・・・。

あえて参加する、無理をする必要はないと思うのだが・・。
スポンサーサイト



2007-07-27-Fri-11:13

押し目買いか・・?

おはようございます・・。
昨夜の稲妻に打たれ・・。

あれよあれよと、見ているそばから売りが殺到・。

明け方、薄いマーケットを狙ってさらに追い討ちか・・。

しかし、日本時間になると今度は、
あれよあれよと上昇、約1近い戻すドル、118から119台・・・。

クロスも同様に同じ動き・・。
早朝につけた3カ月ぶりドル安/高水準。市場筋によると、この久しぶりの水準で、輸入企業や国内投資信託などがドル買い/円売りを強めているようだって・・。

日本株式は下げ幅拡大となっているが、他のアジア圏内は堅調に推移しているようで、その辺りも影響しているのではないでしょうか・・。

こうなると、欧州勢の出方次第かと思う・・。
スカスカのマーケット。特に円関係・・。

ストレートで始まって、円にきた・・。

今夜の指標とニュ-ヨークの午前10時のオプションカットの玉、ダウ等・・。

皆目、見当がつかない・・。
でも、押し目買いが強い日本時間・・。
2007-07-27-Fri-10:47

7月27日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.27fi.jpg

2007-07-27-Fri-10:45

7月27日のピボットです・。

本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。


使い方として、但し保証の限りではありません・。

★リアクションモード、ボックス相場のとき、
◎買い1と買い2の間で買いもち、それを利食うのは売り1と売り2の間にきたとき
◎売り1と売り2の間で売りもち、それを利食うのは買い1と買い2の間にきたとき


★トレンドモードの時、相場に方向性が出たとき、
◎HBOP(ハイ・ブレイク・ポイント)、LBOP(ロー・ブレイク・ポイント)
◎売りで入った後マーケットがHBOPを上抜けしたら、予想やシナリオがはずれた可能性が多いので損切り
◎買いで入った後にLBOPを下抜けしたら、同様。
◎ブレイクポイントが抜けたら新しいトレンドの発生の可能性。ハイを抜けたら買い、ローを抜けたら売りのポジションを作る作戦。
◎ストップ時には、売買を見送るのが基本スタンス

07.7.27pi.jpg

2007-07-27-Fri-01:17

強烈な一撃!撃沈か!

こんばんは。
まだ先週の余韻が体に残っているのか、この時間になると気持ち体の具合もいいようです・。

さて、何がどうしてこうなったのやら・・。
皆目見当がつかない、急激に円買い・スイス買いの戻し・・。

アジアの株式は反発したことろが多く、ニューヨークダウの動きを真似たのか、新興市場に集まっているだけなのか、わからないが・・。

午後8時ごろから始まったこの一連の動き!
日中とのギャップ!

ニューヨークの午前7時。情報が洩れていたのか、過敏な動きのように思えるのだが・・。
情報がない・・。欧州株が下げている!

どうして?
欧州株式が下落を始めだすと、徐々に円買い・スイス買いが始まった・・。
午後9時半の耐久財受注も悪く、米国の先行きに対する「赤信号」がともりだした・・・。

誰もが予想しない、こんな日だからだろう・・。

動きだしたら止まらない!
そしてニューヨークダウが始まった。昨日反発だから、今日も・・。
そんな上手い話はないようだ・・。

大幅な下げ幅拡大、▼240ドルとなるとドル円は一時118円台をつけ、
なおも下値をうかがう動きをみせている・・。


下駄を履くまでわからない・・。

あぁぁ、明日は金曜日。
無事に納まりそうもないようだ・・。


では、また・・。
HOME