FC2ブログ
2007-07-10-Tue-23:10

何が起きたの・?

こんばんは。

一言買い・スイス買い

所謂、キャリートレードの対象通貨。

ユーロドルは導入後の高値1.3718ドル
ポンドドルも、26年ぶり2.0231ドル

ドルは122.15
NZDは94.96
カナダは、115.97


午前2時過ぎ、バーナンキFRB議長の講演「インフレーション」について・。

リスク回避に向けた動きが強まったのか・・・?

眠れそうにない・・・。
スポンサーサイト



2007-07-10-Tue-15:56

忘れたたころに・・。

こんにちは・・。
朝、帰宅時に空からポツポツ降り注ぐ水・・。
予想よりも早いね・・。
雨にぬれながらも一興か・・。

なにやら慌しいマーケットになってきました。
あまりバイアス(偏り)・想い・主観を入れたくないのですが・、
折りしも、1997年7月2日、通貨投機筋がタイバーツのドルペッグ制を打ち壊し、バーツ急落から始まったアジア通貨危機!
ちょうど隣でアジア通貨を扱っていた・。

そんな時、遠い海の向こうから資金引き上げ、銀行間の取引縮小、一時様子見、
あれよあれよと事態が悪化!
ひどい日になった。

あらかれ10年、ドルペッグ制からバスケット制に移行。
危機を最小限に抑えるべく各国中銀は、外貨準備高を積み上げてきたようだ・。

何を学んだだろうか・?
それが、タイ中銀は9日、外国人がオフショアでの既存ヘッジ・ポジションを解消するため、外国人によるオンショアでのバーツ借り入れを7月16日から1カ月間にわたって容認する方針を明らかにした。そして、今日10年ぶり高値を付け、背景にタイ中銀が海外投資家向けに新規則を導入したことでバーツが買われるとの見方があるようだ・。
介入を実施!!


人民元が切り上げ後の最高値に上昇、人民銀行の基準値引き上げへ。しかし6月の中国の貿易黒字は過去最高の269億ドルとなった。輸出の増値税還付の縮小など輸出抑制策の施行を前に、中国輸出業者が出荷を急いだことが背景。これを受け、中国の為替政策に対する批判が一段と過熱するとみられている。
 6月の貿易黒字は、予想の240億ドルをはるかに上回った。

為替以上に、影響が出始めた式、いや本当は式なのかもしれない・・。

ドルはこう着のようだが、他の通貨やアジア式から火種が出るやもしれない・・。
2007-07-10-Tue-07:50

7月10日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.10fi.jpg

2007-07-10-Tue-07:49

7月10日のピボットです。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値、そしてニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.10pi.jpg

2007-07-10-Tue-04:53

時の過ぎゆくままに・・。

おはようございます。
今日月曜日、一日を通してあったことを個人的な観点、視点でまとめたものです・・。
どのように判断されるか・・?

今週も始まり、引き続き利差を背景に売り地合いとなりだした。朝、内閣府が発表した5月機械受注の結果が、事前予想を上回った。

しかし買いには動じず、ジリジリ売りとユーロ/はまたもや最高値を更新、豪ドル/は16年ぶりに106台へ上昇。

もう手がつけられない円安・日本売り!!

しかしながら、欧州時間に入り藤井財務次官発言が伝わると、ユーロ/円が下落し一時168円台を割り込むと他のクロス円も値崩れしだし、

また英国や独逸の経済指標の結果も重なったことも加わったことでポンドが一時乱高下、その後急伸!追加利上げ期待があるだけに回復も早いようだ・・。

ところで、先週末以来、NZDの値動きがちょっとおかしい!今月後半にNZ中銀のキャッシュレートを控えているだけに、調整なのか、それともなんなのか・・?いろいろなところで目にする・・。

本当のところはどうなんだろうか・・?


NY市場に入ってからは、やる気の見えない終日になったようだが・。

唯一、午前零時頃、お決まりの動きで小幅ドル買いになったぐらいで、その後はどうにもこうにもしょうがない展開・・。


 そろそろ引けに入りだした。小幅円安水準で終わるかも・・。


それにしても、めずらしく動意に欠けたニューヨーク市場。
でも、実態はこうなのかもしれない・・。

原油は、小幅値をさげ、72.19ドル引け、
逆に、相場は、7.70ドル高の662.50ドルで引けた。

さて、10日はカナダの利発表・。事前予想では、0.25%追加利上げの4.50%へ・・。
折から、商品相場も強い展開、追い風となるか?


もう、限界・。
退散します。
また、のちほど・・。



2007-07-10-Tue-01:06

風向きは・・・?

こんばんは・。

午後11時を目指して、ドル売り・買いに動いた・。
ユーロは16793銭をつけ、ドルも12322銭
ユーロドルは、1.3630ドル付近、
ポンドドルは、2.0155-60ドル近辺。

それまでは、夕方のユーロ圏や英国の経済指標の結果に、ユーロやポンドは乱高下していた・・。

その後は、空白の時間・。往来相場を繰り返すうちに方向感がなくなった・・。

そして、先に書きました午後11時・。
ニューヨークダウは、プラス圏へ反発して始まり、
原油も72ドル台を維持・。


午前1時ごろになると、毎度の如く安!!!

なんとかならいのかね・・。
本当にいいのかね・・。
原油はまだ上昇という報告書も出てきた・・。

オィオィ・・・・。

M&Aが上手くいっていればいいのかね、株式の世界は・・。
私にはさっぱりわかりません・・。



HOME