FC2ブログ
2007-07-24-Tue-09:45

7月24日のピボットです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.24pi.jpg

2007-07-24-Tue-00:32

平静

こんばんは・。
動意の欠ける中、いろいろ噂やバイアスのかかったニュースをもとに仕掛けてくるもんだとつくづく感心します・・。

29日の政局の行方も取りざたされたようです・・。
アフリカのジンバウエの通貨並みに安い日本円・・。

ドル円の動きばかりに、目を奪われていると本当の動きを見失うと思ってしまう・・・。

ニューヨークダウは反発している模様。
日本株式だけ、下落!!!

本当に大切なことは、みえないようだ・・。
2007-07-23-Mon-19:37

味見の欧州

こんばんは・。

午後6時半ごろから始まった円売り・ドル買いの流れ・・。
懸念された先週末のニューヨークダウの連鎖・・・。

日本だけが仲良くお付き合い・・・

中国をはじめ他のアジア株は堅調に推移!!!!
台湾は7年ぶり高値更新!
上海株も4200と久しぶり・。

そして、先物市場の米国株が上昇と聞けば、一連の米国の景気に不安は残るが、米ドルを買い戻し、
円やスイスのキャリートレード再開に向け、エンジンをかけたようだ・・。


さて、本番のダウがどんな動きをみせるか?

ひと暴れが済んだようだ・・。
とりあえず、様子見のドル買いかなぁ・・。
2007-07-23-Mon-17:26

高金利通貨、資源国通貨へ移動か?

こんにちは・・。
やや時差ぼけ気味のまま今週も始まりました・・。

朝、いきなり窓が開いた・・。
ニューヨーク市場の終値からジャンプして始まった・。

関係が動いているようですね。
ただ、日経平均株価が始まった。しばらくすると下げ幅拡大で、高に振れたようです・。
その後は、長い沈黙・・。

このあとは、ニューヨークダウの行方しだいでしょうか?
経済指標が今晩はない・・。2匹目のどじょうはいるかな


ユーロやポンド等の欧州通貨は、落ち着いているようです・・。
ヨーロッパ勢が入ってきたこの時間も小動き・・。


今週、イベントの多いオセアニア通貨が値動きがあったようです・・。
26日の朝、午前6時ニュージーランド中銀のキャッシュレート(政策金利)の発表予定・。

現在:8.00%
それが、8.25%へ引き上げと多くのアナリスト方が予想しているようだ・・。
一時97前半と21年ぶり高値。NZドルが0.8007米ドルまで上昇、変動相場制移行後の高値


今朝の豪州の第2四半期の生産者物価も予想よりもいい結果となった。
ちょっと頭の痛い種かな、利上げ圧力が強まるもかもしれない・・。

それで気になった高金利通貨・資源国通貨の最近の値動き・。
だけが、米ドルに対して非常に弱いと思う


さて、今晩もニューヨークダウ次第かな・・?07.7.23nzdyen.jpg

07.7.23nzdusd.jpg


07.7.23usdzar.jpg


07.7.23eurozar.jpg

2007-07-23-Mon-08:01

7月23日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.23fi.jpg

2007-07-23-Mon-08:00

7月23日のピボットです。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.23pi.jpg

2007-07-22-Sun-14:40

23日の週は・・。

こんにちは・。
ようやく今週から気持ち昼間の生活へ・・。

しかし、この週末の無理やり時間を戻そうとして、右手にしびれや偏頭痛がしています・・。
のんびりやっていこうかな・・、って思っています・・。

さて、今週は29日の参院選を前にして市場全体に手控えムードか?参院選では与党の苦戦が伝えられており、一喜一憂かな・・。

東京株式は、企業の四半期決算の発表が本格化。一段と様子見気分が強まるかもしれない。

日銀の金融政策に関しては、野田審議委員の会見と消費者物価指数(CPI)が注目。

米国に目を移せば
23日米財務省4週間物TB入札条件
   米財務省2年債・5年債入札条件
   米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札
   ローゼングレン氏が米ボストン地区連銀総裁に就任

   22日終了週ABC/Wポスト米消費者信頼感 

24日米財務省4週間物TB入札
   米財務省20年物インフレ指数連動債入札
   プール米セントルイス地区連銀総裁が講演
   「エネルギーと米国のマクロ政策」
    (デラウェア州ウィルミントン)



25日20日終了週米住宅ローン申請指数       
     6月米中古住宅販売  

     米財務省2年債入札
     米地区連銀経済報告(ベージュブック)
     ガイトナーNY連銀総裁が講演
    「世界的統合の経済ダイナミクス」(ワシントン)
   プール米セントルイス地区連銀総裁が受賞式に出席
  (フィラデルフィア、グローバル・インディペンデンス・センター)

         
26日 6月米耐久財受注 
     コア               
    21日終了週米新規失業保険申請件数   
    6月米求人広告指数             
    6月米新築1戸建て住宅販売       
    6月米住宅着工許可件数改定値 
   
    米財務省3カ月・6カ月物TB週間定例入札条件
    米財務省5年債入札
    ポールソン米財務長官が法人税に関する会合を開催

27日第2・四半期米GDP速報値       
      GDPデフレーター 
      コアPCE価格指数   
      PCE価格指数            
   7月米ミシガン大消費者信頼感指数確報値   
   ラッカー米リッチモンド地区連銀総裁、
    「幼児教育と経済成長」

では、今週もよろしくお願いします
2007-07-22-Sun-08:23

7/16の週の出来事は・?

07.7.16週の出来事は・・・。

おはようございます。
今週もありがとうございました。この一週間を振り返って、個人的な考えや感じたままをまとめたものです。
くれぐれも最終的な判断はご自身で・・、お願いします・。


16日:自然の猛威にさらされた

日本。欧州時間乱高下、そしてNY市場・



連休最終日、新潟中越地震が起きた。すぐに売り地合いとはならず、一進一退・。

欧州時間に入っても、いまひとつ盛り上がらないマーケット・。材料待ちのようだ・。

ようやくニューヨーク時間に市場の中心が動き出すと、ジリジリ安が浸透。この日発表されたNY連銀製造業指数を好感、また日本各地で地震や放射の洩れのニュースが飛び込み、安がさらに加速!!しかし今週の各国の経済指標やバーナンキFRB議長の議会証言を前に大きく踏み出すことはなく、その後は終始小康状態へ・。


17日:出会いは夕方!英ポンド。今日もいいぞ、米経済指標

一時NYダウ大台へ!



日中は前日のNY市場の流れを汲んで模様眺めが強まったような展開・。
全ては、夕方のイギリスの指標結果。

いい感じ、好調な気配。年内の利上げ回数の期待が高まった。
英ポンドの独壇場になりだした。

追い討ちをかけるように米国の経済指標が散りばめられて発表され、結果もいいものとなり、また原発に対する不安を煽るニュースが世界中を駆け巡ったようだ・。

安が加速したようだ。

 しかしニューヨークの午後発表された住宅市場関連が1991年1月以来の低水準。参加者が減った時間だっただけに、懸念されず・・。

 ほぼ午前中で取引を終えたようなNY市場だったのではないでしょうか・・。

引き続き米景気に対する不安は払拭できずかなぁ・・・。


18日:WSJ紙に掲載が発端・火種。注目の議会証言で、

ダウ下げ幅拡大


 朝方、日付が変わったとたん買いになりだした。「なにが・・?」、ひと寝入りした後わかった。例のローン市場のこととそのヘッジファンドのことだった。

 アジア時間ドル軟調の足かせが続く中、ユーロ/ドルは史上最高値を更新、英ポンド/ドルも2.05ドル台、豪ドルに至っては対ドルで18年ぶり、対では16年ぶりと堅調な推移をみせた。


 夕方、英中銀の議事録で一時右往左往。それぞれ高値警戒感や利益確定も入り、ドル買い戻しの流れとなりだした。

さて、本番。NY時間を迎えた・・・。米経済指標の結果はまずまず。しかし蓋を開けてみると将来の住宅建設計画を示す許可件数が7.5%減と、10年ぶりの水準に落ち込み、住宅市場の一段の低迷が顕著になった。

 そしてバーナンキFRB議長の議会証言が始まるとインフレ懸念堅持され、サブ・プライムの懸念は残った。また、07-08年の経済見通しの下方修正もあり、ドルにとってはネガティブなものとなったようだ・。ダウがもっとも影響を受けたのではないかと思われる。

 折から、2Qの業績発表の結果も市場の予想を裏切る結果が続いているようだから・・。

 証言が終わると、マーケットは落ち着きを取り戻し始め、小動きとなりだした。さすがにNYダウの引けに値を戻すと円関係も上昇。


19日:小動き。NYダウだけ活況



朝方、急に動いたらと思ったらマンハッタンで爆発!

一瞬、「何が・・」反射的にドル売りへ・。

事実がはっきりしてくると元の水準へ・。

そのなると動けない。
急ピッチに進んだ米ドル売り、ひとりぼっちの「円」。

 欧州時間になって朝方のニュースを蒸し返すドル売りから入り、英ポンドが結局、草臥れて調整売りをユーロから浴び、総崩れ・。

 ユーロに人気が集中かと思っていたら、高金利通貨、資源国通貨に静かに買われていた。ランド円は年初来の高値をつけ、豪ドル円は26年ぶりの高値更新・。

 ニューヨークに入っても、マーケットは未だ眠いようで目が覚めないようだ。ダウが史上最高値引け!米ドルの弱さとどこまで付き合う円。

 小動きのまま引けたようだ・・。


20日:奇襲!中国の再び引き上げ報道。

NYダウの大幅な下落・・・。



 日中は閑散とした動きだった。このまま静かな週末かと誰しもが思ったのではないか・?予定されている米経済指標はない・・。
 ただ、気になるのはNYの株価動向・。

奇襲!

 中国人民銀行(中央銀行)は、インフレや景気過熱の抑制を狙った利上げを発表。

 今週発表された第2・四半期の国内総生産の伸び率は前年比11.9%。第1・四半期の11.1%から加速し、11年半ぶりの高成長となったことを背景。

 欧州勢は見逃す、知らん振りを決め込んだのか動かず・。

 ところが、NY勢の姿がチラホラ見え出すと、静かな中ドル売りが始まりだした。

 ピークは午後11時。

その前から始まっていたNYダウが約100ドル近くの下げをみせると、一連のニュースも加わり円買い・ドル売りが強まり、ドル円をはじめクロス

 円は、滝つぼへ真っ逆さまに落ちた!

その後は、お決まりのコース。ポジション調整が入り値を戻す通貨も出始めたようだ・・。

 ニューヨークダウも▼149.33ドルの1万3851.08ドルで引けた。

金先物は、プラス6.60ドルの684.70ドルで引け、
原油は、月限りが今日変った。8月限りは75.57ドルで引け、
9月限りは75.79ドルで引けた。小幅下げた。


 ようやく午前5時半近くなり小動きとなりました・・・。


 さて、週明けからオセアニアがにぎやかになりそうな気配・・。


 今週もありがとうございました・。
 この辺でと思います・・。

 次回は何処かで・・。






2007-07-21-Sat-03:32

動いてしまった

おはようございます・・・。
なかなか簡単に金曜日のニューヨークは終わらせてくれない・。

中国人民銀行(中央銀行)が、預金・貸出金利の引き上げをウェーブ上で公開。それも21日から・・。

さすが、統制の取れている国・。


欧州時間後半から、ドル売りが始まった。
資源国通貨のカナダ豪ドル、ニュージーランド・ドル、南アフリカ・ランド等は、小動きのまま・。
そして、高金利通貨は、逆にドル買いに。

一連の動きが終わったあとは小幅値を戻し始めた・・。

ドルの動きにこれらの通貨が連れ安となったのか、下記画像を見てください・・。

ニューヨークダウの下げ幅拡大と昨夜のバーナンキFRB議長の人民元けん制発言を関連か・・?

キャリートレードによるポジションの修正、利益確定、
米債の下落と質へ逃避行動が一気に噴出したのだろうか。


だいぶ上の方が軽くなったのでは・・・?

さて、来週は・・・?

豪ドル/豪ドル/米ドルの5分足
07.7.21audenn.jpg


NZD/NZD/米ドルの5分足
07.7.21nzden.jpg


豪ドル/NZDの1時間足
07.7.21audnzd.jpg


カナダ/、米ドル/カナダドルの5分足
07.7.21cadenn.jpg

2007-07-20-Fri-21:07

なにやら、動きだしそうだ・・。

こんばんは。
ようやく金曜日。
こんな体を休められる日が待ち遠しいとは・・・。

さて、

来週26日午前6時、ニュージーランド中銀による政策金利の発表が予

定。

なんと、アナリスト事前予想は0.25%追加利上げの方向と

読んでいるようだ・・。

8.25%へ


ちょっと恐ろしい気がする。

また、中国人民銀行は先ほど、今年3回

目の利上げを発表した。21日から実施するとウェブサイト上で発表



1年物預金基準金利と貸出基準金利を0.27%ポイント引き上げへ。
最近、いきさつから察すれば、当然の行動かもしれないが・・。こればかりでは解決しないだろう・・。


マーケットの反応は昔のように過敏ではないようだ・・・。
じりじり高へ動き出したようだが・・



豪ドルは、行き先のない投資資金が比較的安定し、高金利、資源国としてか、対ドルで0.88米ドルを突破、18年ぶりの高値、対でも1991年9月以来の高値水準に上昇したほか、対ユーロでも1年8カ月ぶりの高値近辺。
しばらく、続くのかもしれない・・。

今夜もNYダウの動きに注目かと思われるますが・・。


あとは、のちほど・・


PS:ボーっとしていますが・・。
2007-07-20-Fri-07:08

ランド!?

おはようございます。
ランド円の昨年の動き知っている私にとって、今回の上昇にはかなり驚きをもっています。

米経済に対する不透明感、不安。折から、何回もG7等で議題にのぼっては、消えたヘッジファンド。
そのヘッジファンドがサブ・プライム市場で破綻、無価値となった。


そこへきて、原油高や商品相場の活況。大きな上げをみせている。
中国やインドなど新興市場の急激な需要。


本当にいいのかな、米企業業績は本当にいいのかな?そにしても、寝ているトラは、目を覚ましたくないようだ・・!

さて、下記画像はランド対米ドル、ユーロの6時間足です。
07.7.20usdzar6.jpg



07.7.20eurozar6.jpg

2007-07-20-Fri-06:33

7月20日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日の高値・安値、ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.20fi.jpg

2007-07-20-Fri-06:32

7月20日のピボットです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。07.7.20pi.jpg

2007-07-20-Fri-04:53

材料難かなぁ、NY!

おはようございます・。
FOMCの議事録は公開され、マーケットへの影響はなかったようです・・。

原油は0.87ドル高の75.92ドルで引け、
先物相場も、4.40ドル高の678.10ドルで引けた。

ほとんどノーマークのランド円がなっと年初来の高値を更新!!!
=== 17円75銭 ===

== えぇ!! ==

なんと言う現象か。でも、ここのところの流れかすれば、南アフリカの経済指標は良好で、強いようだ。
ドルが不安定の今、ユーロ高や英ポンド高、
いろいろな国の通貨が高い(日本を除いてね)

それに原油高、や銀と言ったもの続伸中。
資源国通貨は、高利でもあるので、なおさら買い気配!!



ニューヨークダウが引けにかけて、上昇し始めた模様。円売り・ドル買いになってきた・。
今日は、5・10日にあたる。仲値に動いてからは、豪州の指標とイギリスの指標が注目かと思います。
あとは、夜の中国かな・・

追伸:下記内容は興味のある方へ
2007-07-20-Fri-01:36

揉み合い、調整、FOMC議事録待ち?

こんばんは。

予想された結果か、FRB議長の証言も昨日の内容とほぼ変りはないようです。

それより、急激に進んだ欧州通貨やオセアニア通貨でのドル売り。
ここに来て調整色の濃い展開のようです。


消去法で、ユーロへ資移動が夕方、欧州参戦で色濃くなったようです。
また、一部ネットでのマンハッタンの爆発の映像を見るとなおさらかもしれませんね・。

噂は、どこらかきて、どこかへ、消えていく・・。



第2四半期の業績発表が続くニューヨーク株式市場。今日はいい業績発表が出ているようで、
一時また、1万4000ドル台にのせたようです・。


ここまでの米経済指標は、思ったほどいい結果ではないようですが、ドルが大きく売り込まれる場面はないようです・。


あとは、FOMC議事録を待つばかりか?
でも、議長が証言した内容に近いようなきがしています。

原油は75ドルをはさんで揉み合い。先物相場は674.00ドルをはさんでこちらも揉み合い。






PS:最近、目にした記事より。
ブルドックソースのTOBから始まり、日本の投信信託は期間が比較的短いと、せいぜい1~2ヶ月。でも、仕掛けてきた外資はもうすでに5年も保有・。

日本のGDPは、15年前、No1でしたが、今は世界20位。
そして、製品関係の企業はそこそこ、でも食品等は伸び悩み。もっとオープンにしないと買い手がつかいない国。また対米ドルでこんなに安い国は、アフリカのジンバウエの通貨と同様だと。
そひて、こぞってインドやニュージーランド等の高利の通貨へ投資。

イギリスで最低賃を換算する、1300円だそうです。払わないとその企業は罰・。


いろいろと目を向けると、円安もいかがなものかと思ってきました。
国の活力がどんどんそぎ落とされていくのような気がします・。

などと暗い気持ちなった日でした・・。

くれぐれも個人的な考えで、ものの見方ですので、最終的な判断はご自身で・。
2007-07-19-Thu-18:54

どうかな・・、今晩は・・。

こんばん。
早いもの今月もあと10日ぐらいですね。空梅雨と言われていたのですが、7月に入ってからはどんよりした空模様。そして、急激な気温の変化に体がついていかられず、だるいようです・・・。

みなさんも健康管理には十分気をつけてください・。


真夜中の業務を終え、帰宅に着こうとしたとき、
「マンハッタンで爆発!!」
があったようです。

この時間になってしりました。情報ソースで見ると、地面から吹き上がる煙、マンハッタンのビル郡を囲む煙・・。

これを見ると、まさか!って思う・。

最近、テロの警戒の報道が米国からささやかれている最中だけに・・・。

調べてみれば、地下のボイラーの爆発とか。でも夕方のラッシュ時、一時騒然!


それが欧州時間に再度蒸し返されているとか・・?
FRB議長の証言もあり、米ドルが弱いときだけに・・・。

さて、今夜は午後10時半から証言が始まる。ニューヨークダウの開始時間と同時に!
ただ、昨日今日ですので、内容に隔たりはないと個人的に思っています。

ただ、FOMCの議事録の内容が知りたい。議長の発言との隔たりがあるのか、同かを!!


夕方の欧州各国の指標の結果は、事前予想を下回りやや売り気配のようだ・・。
ただ、行き場所がないのようだ・・。

原油へ、それからより安全な債券市場へ、殺到しそうな気配・・。



さて、最近何かと話題を提供している中国
中国人民銀行(中央銀行)がこの日の基準値を切り上げ後の最高値に設定したことや、発表された6月の同国消費者物価指数(CPI)が前年比4.4%と予想を上回ったことを受けて、近く利上げがあるとの見方が広がり、織り込みだしたかもしれない・・。
明日も指標がある。

週末は用心が必要かも??


くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします・。

では、また迷うなかに・・。
2007-07-19-Thu-06:37

7月19日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.19fi.jpg

2007-07-19-Thu-06:37

7月19日のピボットです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.19pi.jpg

2007-07-19-Thu-03:50

二幕は、明日へ・・。

おはようございます・・。

どうだったでしょうか・?
今回の議会証言は・・・・・。

それ前からベアースターン傘下のヘッジファンドの投資先での焦げ付き。そして、昨日のニューヨークダウが引けてからの「価値なし」。

ちょっとフェアーではないと思う。
逆にそれだけ影響が大きいのかもしれない・・。

リーマンまできな臭い噂が出始めた。
ちょっとそっとでは、解決できそうもないと思ってしまう・・・


どこまで、本当なの?

議長も素直に現状を認識し、その解決の糸口を探そうとしているのかもしれない。
来年の経済見通しは下方修正へ。
インパクトがありますね・・。


少し飽きたのか、質へ回避も昔ほどでないように思うけど、
オセアニア通貨や英ポンドユーロ、カナダ等軒並みの安。

海外に行けないよ・・!

こんなに自国の通貨に魅力がないのでは、株価は上がらないし、世界中から投資してもらえないよ・・。

どこかで、いつからか、日本は「鎖国」状態のかもしれない・・・。

携帯電話の利便性、M&Aは嫌とか、
世界からおいていかれるのかもしれない・・・。


垣根はもうないのだから・・・。

なんて勝手なことを書いています・・・。
個人的な意見ですので、くれぐれもお間違いのないように・・・・。
2007-07-18-Wed-18:05

荒れそうな・・・、今夜!!

こんばんは・。
ようやく目がさめ、情報収集・。

朝方、急に円買い・円高に向かいだした理由がわかりました。
もう一日、早くでるはずだった米証券大手ベアー・スターンズ 傘下2つのヘッジファンドに関する情報開示。それが今朝日付が変ってダウ終了後に、サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)関連の投資で損失を出したは「ほぼ無価値」との見解と、米GEと違うやり方のようですが・・。

この事件から米景気に対する不安が増殖。
今晩も米CPIやバーナンキFRB議長の証言、
高値を一時更新したニューヨークダウ


また、先ほど英中銀の議事録公開。
勝手に思い込んでいた据え置きの数が多く失望売り!ポンド売り!!!!
金利引き上げに賛成:反対
予想が7:2
蓋をあけてみれば、6:3

ドル買い戻しが入ってドル円122円台を回復!
この時間、ドル買い優勢のようだ・・。


さて、今夜は・・
荒れ模様
2007-07-18-Wed-06:57

薄い時間を狙ってか・・・・。

おはようございます。

早々にニューヨーク勢は為替に見切りをつけ、ダウに走ったのか。
明け方の住宅関連の指標にも飛びつかず、

それはそうだようね。自国のことだも。元気な欧州勢の姿はもうない!

日付が変わり、円買い
値を下げだしたようだ・・。少し急ピッチで進んだ円安、特にクロス円で。

引け際、飛び込んできたヤフーの業績が減益と、
それも何期か続けてと、

あまりいいニュースではないようだ・・。


薄い時間帯を狙った連中の仕業か・・。

ちょっと嫌な感じがします・・。



では、また。
迷う中に・・・。
2007-07-18-Wed-06:43

7月18日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨークの終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.18fi.jpg

2007-07-18-Wed-06:42

7月18日のピボットです・。

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値、そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.18pi.jpg

2007-07-18-Wed-02:37

ちょっと様子が・・!?

こんばんは・・。
独り舞台の英ポンド

比較的上手くばら撒かれた米国の時間差の経済指標。
結果、オーラィかな。

でも、ドルの上昇幅に勢いがないぞ!

そう思うのだが・・・。

ニューヨークダウも一時1万4000ドル台をつけ、満足かなぁ・。
小幅反落中!!!

原油は一時75ドルをつけ、このまま維持するかと思いきや大きく下げ、73ドル台後半を見せたが、
徐々に値を戻しているが・・・?


ユーロは対ドルでは、底堅い動きを今日も見せている・。が、周りがやかましくなってきたようだ・。

あまり注目の度合いが低いのかもしれないが、NAHB住宅市場指数は大幅な悪化。
明日の住宅関連の指数に影かなぁ・・。


ニューヨークの午後1時半。
だいぶ燃焼したらしく、とりあえず利益確定の売りも入っているようで、値を小幅下げているようだ・。


さて、最後の最後にならないとわからないのが世の常・・。

明日の予定、

その前に今日関心が集まったイギリスの指標が予定。
英中銀の議事録公開。タカ派、賛成:反対の数は?
失業率

そして、カナダの消費者物価、米国の消費者物価、住宅着工件数、建設許可件数。

日本時間午後11時、バーナンキFRB議長の議会証言、一日目。

明日の午前中に豪州中銀総裁の講演。豪ドルの金利動向を占う上でも注目度が高いようだ・・。
2007-07-18-Wed-01:16

おぉ・・!円、安い!

こんばんは。
急に気温が下がり、健康管理が大変かと思います・・。

この気候と疲れが溜まっていたのか、このシフトに入ってから睡眠がとれたような気がしますが・・。
さて、昨晩は静かなニューヨーク市場・。

一晩経ったら、売りが活発になっているような気がします・。
欧州時間に発表された英国の経済指標の結果は、インフレターゲットを導入している同国にとってはやや低めの数字のようだが、
予想を上回り、年内2回とも噂されている追加利上げに弾みがついたのではないでしょうか・。そう思えば、即行動なのでしょうか?
主要通貨で、ポンド全面高へ!!!

ユーロ圏も何やら雲行きが怪しくなってきたのか、各国要人の発言内容が今までのトーンと違うように聞こえてきたと感じるのは、私だけでしょうか?
9月追加利上げが目されている中、今日ZEWの指標の結果を飲み込んでも大丈夫な動きをみせているが・・・・。


午後9時、ニューヨーク朝8時・。そろそろ三々五々登場してきたNY勢!昨日はちょっと違うのぉ。
9時半から始まった経済指標。今日は時間を置きながら連発!
総じて、米ドルにとっていい材料になったのではないでしょうか?そして、「」。ようやくダメージの大きさが知れ渡ったのも影響か・。
売りが再開されたようだ・。

折から、ニューヨークダウも注目され、1万4000ドルにのせると安が加速!
原油も75ドル台!

明け方まで波乱かもしれないと思ってきた・。
2007-07-17-Tue-18:08

そろそろ・・、今夜は・・。

こんばんは・。

どっぷり疲れがでてきたのか、深い睡魔の襲われ今しがた目をさました・・。久々の深い眠り・・。疲れが取れているといいんだが・・。

先ほど、午後5時半発表の英国の消費者物価・小売物価等の結果。
前回よりも強めの数字!!!

年内2回とも噂されている追加利上げに、さらに希望が膨らんできたのかものしれない!

発表直後、
対ドルでは、2.0375近辺⇒2.0425前後へ急伸
対円では、248.25前後⇒248.80付近へ
250円台もそう遠くないのかもしれない・・。

この後、ドイツ・ユーロ圏のZEWの発表。ユーロ圏の高官の発言が日に日にまして増えてきた。
なにやら、不満があるのではないかと思う。他の通貨・政策に・・。

この記事を書いている間に発表された。
ドイツ・ユーロ圏とも前回・予想を下回った。
その結果、素直なユーロ売り。
対米ドルでは、1.3790⇒1.3770-75付近へ
対円では、168.00⇒167.75-80付近へ

しかし9月ともささやかれている追加利上げ、昨晩のユーロ圏の関係者の発言もあり、大きな下げに至っていない・・。


イランの原油の支払いのニュースが本格的になってきたようだ・。
NZのカレン財務相のNZD高に頭を悩まし、方策を模索しているようだ・・。

シグナルと捕らえるか、昨晩静かなニューヨーク
今夜は・・・。

調子が良すぎるNYダウ、インテル・ヤフーの決算とかIT関連最大・。
原油も・・。

今夜は、嫌な感じ・・。


くれぐれも最終判断は、ご自身でお願いします・。
2007-07-17-Tue-06:41

7月17日のフィボナッチ・バンドです・。

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨークの終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.17fi.jpg

2007-07-17-Tue-06:40

7月17日のピボットです

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。
前日の一日を通しての、高値安値、そして、ニューヨークの終値の平均値をもとにエクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.7.17pi.jpg

2007-07-17-Tue-04:15

地震から・・

おはようございます。
午後11時、新潟で大きな余震、北海道でも地震。
そして、柏崎刈羽原発6号機で使用済み燃料プールの放射性物質を含む水があふれ、
施設内の排水溝を通じて海に流れ出た、との報道。

地震リスクから一時的な円売りが入ったのかもしれない・・?

しかし上値は限定された。

カナダドルは30年ぶりの対ドル高値を更新!!!
原油も74.15ドル高値引け、相場は1ドル下げて、666.30ドルで引けた。


NYダウもいまひとつパッとせずか、サブ・プライムに関するヘッジファンドの決算待ちか。
米GEがやったのだから、当然やるでしょうね。

欧州時間に比べて、ニューヨーク市場は小動き模様・・。

神経質なのか、
今週予定されいるバーナンキFRB議長の発言待ちなのか?

利通貨は比較的安定に推移かなぁ・。


思わぬ自然現象の連休だったのではないでしょうか・・。
被災にあわれた方、心からお見舞い申し上げます・・。

それにしても、米ドルは買っていいのか、ユーロはいいのか?
サルコジ大統領の他の国の通貨安発言も気なります。
微妙な影・・。

2007-07-17-Tue-01:55

神経質な動きか

こんばんは・・・。
長い夜がやってきました・・・。
Zzz Zzz Zzz・・・・・・

地震の報道が新たに入ったこと、カナダドルが対米ドルで30年ぶりの安値1.0420ドル近辺へ真っ逆さまの急落!!
大量のストップオーダーを巻き込んだとも・・?

原油も74ドル台と依然として買い気配を持続中・。
ニューヨークダウは今日も快調に上昇中。

売り材料もあるようだが、進んで仕掛ける動きはないようだ・・。

18-19日のバーナンキFRB議長の議会証言を気にして、神経質な動きのようだ・・。

そう簡単に市場との対話は、しないと思う・・。
混乱は米ドルに対して不利・・。

慌てず、騒がず、参加者の思惑のままか・・。
無難に・・。

なんて自分は勝手に思い描いていますが・・・。
さて、どうでしょうかね・?
調整色が濃い気がしています・・・今日のニューヨーク勢は・?
RREVHOME NEXT