FC2ブログ
2007-05-18-Fri-22:40

5月14日の為替相場回顧録

07年5月14日の週を振り返って・・・。

14日:NZ強い小売売上高を受け上昇、イベントを控えあとの通貨は模様眺め

週明けの東京市場は、火曜日以降のイベントを控えて小動き・動意に欠けた動きに終始した・。そんな中、ニュージーランドの小売売上高の予想を超える結果となったのを受け、追加利上げを余儀なくされるのではないかと思惑が働き88前半から後半へ。
 ドルは120半ばこう着感が漂った・・・。

15日:朝、日本の工作機械の悪化で売りへ、一段落後小動き。夕方からテクニカルな仕掛けで乱高下へ・・・。

久しぶりに日本の経済指標の結果で動いた・。それも安材料・。折から、5・10日のドルの不足・余剰の攻防が繰り広げられ、下落。
 その後は夕方からのイベント待ちとなったようだ・。

 午後3時のドイツのGDPを好感し、ユーロドルを始め欧州通貨買いに火がついた・。ポンドドルは逆に悪化で売りとなった。マーケットの目は為替ばかりではなく、日経平均株価の下げ、問題の中国株は、規制当局が市場の過熱を抑制する策を打ち出すとの懸念から売られたことも、高の動きになったのかもしれない・・・・。

 下げ止まると円安の動きになりだした。ここのところの定番の動きなりだした。そこに大量の円売りが持ちこまれドル/円が120円50銭を越え・・・・。しかし毎回ながら売りをあび小幅下落。
 米国のCPI待ちとなった。結果はどうでしょうか・?トータルでみるとやや悪い・・。ドルを売ってみますか・・。

 でも、続かない・。

 カナダの指標の方がいい結果。断続的にカナダ買い。1.1055CAD付近から1.0995CAD付近まで。対円でも109円59銭まで上昇。

 さて、ドル円が嫌な水準で値動きが鈍くなりだした。120円50銭。思うにマーケットのポジションは、だいぶ消化され、動きやすい状態になりだしたのではないか。滞空時間が長いとそろそろ動きが始まる兆しかもしれない・・・・。

 油断したら、なんとドル売り・ユーロ/ポンド買いが突如入り、下げ渋っていた欧州通貨が軒並み回復・。あっ、と言う間の・・。

16日:日中動意に欠け、欧州勢参上、思惑が相場を動かし始める・・

 ボーとしていたらユーロ/ドルやポンドドルが上昇していた。こりゃ、驚いた・。何が、後付のニュースを紐解くが、なんともらしい内容・。うん・・。
 日中はやはりこの通貨で盛り上がりをみせた。悪い方だが・。賃金関係の指標の伸びが悪いと100円20-25銭から一時99円後半へ急落。

 多少乱高下をしながらもなんとか100円台をキープ・・、強いのかな・・。
 ドル/円は120円25銭近辺の揉み合いを長い時間繰り広げ、ようやく欧州勢の参加で活気付いてきた。もちろん、上値トライ・。
 午後3時から始まったヨーロッパ各国の指標。さて、反応は限定的だったようだ・。

 英中銀が発表した四半期のインフレ報告書。これのフラッシュで反応したようだが、裏でロシア勢が暴れているとの噂も聞かれたが、本当の 
 ところはどうか・?

 さて、米国の住宅関連の指標が出ると着工件数の数字を好感、でもね、許可件数は1997年以来の最低水準と。浮かれていいのだろうか。でも、マーケットは好感しドル買いを推奨・。
 
  米ドルの独走状態へ・・。

17日:日本のイベント。結果、円のバーゲンセールが始まった・・・

 朝方から異様な雰囲気。GDPの行方は、いかに?事前予想は前回を下回るとしている。一部には、いや違うのではとの意見もあったようだが・・。

結果、悪化。

素直円売りが始まる・。

 折から、日銀政策決定会合の最中・。微妙な影・・・。据え置き決定となり、今度は日銀総裁の記者会見に視点が移りだしした・。
 ECBの月報では動かず。日銀総裁の発言、タカ派のようだ。小幅下落。しかし円売りの流れは変らない・・。

 午後7時半ごろから、大量のドル買い・円売りで121円10銭をつけ、バーゲンセールが始まりだした。そんな中、カナダドルが対ドル、円でCPIの結果を好感しカナダ買いとなり、ひとり踏ん張っているようだ。
 
 午後9時半の失業保険関係、継続・新規とも減少。1月下旬以来の最低。それ以前からドル買いの動きを加速する結果となった。
 ユーロドルは、1.3500ドルを割り込み、ポンドドルも1.9750ドル切り、ドルスイスも1.2240ドルを上抜けし、1.2270-75ドル付近まで進行した・。

 さて、さて一気にきた円安。ちょっと早すぎるだろうと個人的には思うのだが・・。

 人民元の話が出てきた・。急に政策を行うのでちょっと用心が必要かもしれない。

 このあとは午前0時のひとコマかもしれない・・・。気のせいで終わったようだ・・。

18日:呆然・・・。時の行くままに。そして、幻か人民元の影・・。

 日中は、イベント出尽くし感がマーケットを覆っているようだった。午後3時ごろから欧州勢の参加により、昨日の巻き返しを図るべくドル売り・欧州通貨買いを仕掛けてきた・。
 ユーロドルは一時1.3500ドル台、ポンドドルも1.9775ドル近辺にもどした。しかし英国の経済指標の悪化で、急落。欧州通貨の復活の芽をつまんでしまったようだ・。

 そしてマーケット駆け巡った人民元の変動幅から始まり金利引き上げのニュース

円買いへ!!!!!

 ドル円は121円を大きく割り込み一時120円69銭。1ヶ月で最大下落幅かもしれない・・。

 クロス円も大きく下落した・・。

間にフランス新大統領のユーロ高の発言もあったようだ・。

でも、久々のサプライズのニュースだった・・・・

「騒然」「唖然」

 油断できないものですね・・。

ニューヨーク時間に移行。押し目買いが強いようだ。じりじり円安に向かい始めたようだ・・。このようなニュースがないと円高ならないようだ・・。

 まだ、金曜日の夜、独特の仕掛けが午前零時ごろまであるのでは・・。その後はポジション調整の動きになるのではないか・・?

 週末、いろいろな発言が出そうな気がします。

 来週も窓が開いて、始まるかもしれませんね・・。


この辺で失礼します。体調不良のため・・。

今週もありがとうございました。

良い週末を・・。
スポンサーサイト



2007-05-18-Fri-21:14

円買いへ、一時騒然!!!

こんばんは。
いやぁ、アクシデント!!!

でも、昔からサプライズの中国人民元。


変動幅を0.3から0.5へ。来週の米中戦略経済対話を前に、自衛


か。


眠っていた子が起きた・・。

ドル、12069銭、そのほかのクロスが一時安値を更新!!!


買い模様。でも、売りも強い・。

もうすぐニューヨーク勢が参加してくる・・・・。
どうしますかね・。

ミシガン大学消費者信頼感指数の速報値が予定、ニューヨーク時間のオプション玉、ロンドンフィキシング等があり、

油断できない。いや、遅いか・・。


でも、これでだいぶモヤモヤがはけ、新たな展開に向かいやすくなったと個人的には思うのだが・・。
2007-05-18-Fri-09:46

5月18日のフィボナッチです

こちらもピボット同様、前日高値安値ニューヨーク市場の終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.5.18fi.jpg

2007-05-18-Fri-09:45

5月18日のピボットです

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値安値、そして、ニューヨークの終値の平均値をもとに,エクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.5.18pibot.jpg

HOME