FC2ブログ
2007-03-27-Tue-22:29

今月の要因

こんばんは。
少し早いですが今月の流れ、動きを自分なりにおさらい、記憶の範囲内で書き綴ってみたいと思います。
月初、何が3月で為替相場の話題に上ったのか。
・中国の株式市場の加熱に水を差すような課税の噂から世界同時株安へ
・以前から噂されていたサブプライム市場の焦げ付き(あまりな聞き慣れない市場)

・米国の住宅市場の指標の結果に乱高下
・中国の利上げに端を発した買い
・日本の追加利上げの時期が早まるのではと思惑

・一連の米国の経済指標に対する不信感から米ドル離れがじりじりと進み、ポンドドルが1.97台、豪ドルが0.81台、NZDドルが0.72台。ユーロドルも1.33ドル台と拍車がかかりはじめた。しかし、仲良くドルは持たれ合い。

・来月のイギリス、ユーロ圏、豪州の金利発表を控え利上げ観測を強める動きが始まった模様。ドルは持たれ合い。

・FOMCの声明文の内容を丸一日かけて理解。その結果、乱高下。
・イランに対する一連の流れから中東情勢の不安材料視⇒米ドル離れ。
・安い・スイスを借りて、より金利の高い通貨への投資が再燃しはじめた。
・ロシア勢がマーケットをグイグイ引っ掻き回しポンドポンドドルが的に。
・26日からの週は、日本特有の年度末を控えている点。



 思いつくまま、そうだったろうこと簡単に書き出しました。保証の限りではありませんが。
スポンサーサイト



2007-03-27-Tue-17:52

思い込みは、

こんにちは。


このたび地震に遭われた能登半島の被災地の皆様には、謹んでお見舞い申し上げます。

一日も早く復旧されることを心からお祈り申し上げます。


どうも東京時間は、日本特有の年度末の思惑が働き償還の玉や新規投信設定の玉やらで、身動きがとれないようだ。

先ほどのドイツのIFOの好結果を受けて、ユーロ買い・ドル売りを誘発した。

米国に対する先行き不透明が付きまとう中、高金利通貨の魅力を十分に発揮しだした豪ドルNZD
日足のチャートでみるとじりじりと安に動いています。

クロスの動きがドルの動き左右しているようです。でも、少しづつ値を切り上げているようで、安に向かっているような気がしてならないと個人的に思っています。


カナダ円。注目されていたケベック州議会選挙:
主要3党も過半数とれず。自由党が少数政権となる見通しとか(加CTV)。なぜかというと、カナダから独立するかもしれないと思われていたので。


2007-03-27-Tue-08:34

フィボナッチ 3.27

こちらもピボット同様、前日高値安値、ニューヨークの終値の平均値を参考にエクセルで作成しました。
また、数字には、0.618や1.328をかけて作ってあります。
こちらも下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。07.3.27fibona.jpg

2007-03-27-Tue-08:32

ピボット 3.27

おはようございます。
本日もよろしくお願いします。

前日の一日を通しての、高値・安値、そして、ニューヨークの終値の平均値をもとに,
エクセルで作ったものです。
下記、画像の表をクリックすると拡大表示されます。
07.3.27pibo.jpg

2007-03-27-Tue-05:59

根っこは深いかも・・

おはようございます。
方向感のないままじりじりと安に向かっていた。
でも、先週の中古住宅の結果と昨夜の新規住宅の結果を
比べ、不安が頭をもたげてきた、米国経済、景気は大丈夫か、
安心できるのか・・。


ユーロドルは、1.3330ドル付近へ急伸、
ポンドルも、1.9700ドル近辺に。

もっと強いのは豪ドルNZD

ドルも、11830銭⇒11765銭付近急落。
でも、所詮「」毎度のごとく売りが続き反落。

今日も日中は、期待できないかも。午前8時まで終わってしまう可能性大かな。
HOME